買うべきトートはレザー? キャンバス? プロが魅力を解説

春のオシャレは「バッグ」から! smart5月号では、読者アンケート、ストリートスナップ、人気ショップの出口調査を敢行し、「今、買うべきバッグ」を総調査。今回はバッグのトレンド第2位に輝いた、トートバッグをご紹介します。

WEBP030-031_smart.jpg

トートバッグの2大素材といえば、レザーとキャンバス。どちらも人気ですが、自分にぴったりのものって意外にわからなかったりします。そこで、レザー派のライター・渡辺和博さん、キャンバス派のスタイリスト・青木紀一郎さんがどっちが使えるバッグなのか、それぞれの魅力を語ります!

渡辺「早速なんですけど、青木さんはトートって愛用していますか?」

青木「してますよ。レザーもキャンバスもどちらも使いますけど、個人的にはキャンバスですね。ドリス ヴァン ノッテン、ジャマ リコ、スロウ。いまはこのキャンバストートを使い回していて。レザートートはやはり、少しかしこまった感じがしますからね。自分の私服には、ラフでカジュアルな雰囲気のキャンバストートのほうが合うんですよ」

渡辺「僕の場合はレザーが多いですね。レザーが主体のトートって、ガチャガチャしたモデルが少ないし、楽をしながら大人っぽい雰囲気を出すのに手短じゃないですか? 僕は普段から定番ハズしというか、ニッチで遊びのある服を選びがちなので、どこかに大人っぽさを入れとけ! みたいな(笑)」

青木「大人世代でいうカジュアルジャケットスタイルにキャンバスを持ったり、ストリートスタイルにレザートートを合わせたり。そうやってハズし狙いでトートを選ぶのも手ですよね」

渡辺「そう、楽しいですよね。ただ、ビジネスで使うとなると、キャンバスはNG。レザーも経年変化が楽しみのひとつだけど、味出しが強いと妙にこなれてしまって、逆にみすぼらしく見えるし。仕事でレザートートを使うなら、服装はジャケットにスラックス。トートは清潔感優先で、複数を使い回すのが正解かな。それもあって、数が欲しくなるんですよ」

青木「最近は仕事使いでも、明るい色目のレザートートが人気らしいですからね。それを味出ししちゃうと……(笑)。その点、キャンバスはプライスが手頃で色違いで買えますし、シンプルなものならいくつあっても困りませんしね」

渡辺「キャンバストートの人気傾向ってどうですか?」

青木「やっぱりシンプルで合わせやすいものかな。春なんで柔らかな緑や黄色や水色も可愛いですけど、鉄板は白、ベージュ、黒、ネイビー。この辺りは、僕もよく選ぶ色で。壊れるまでひとつのバッグを使うタイプだから、トートも毎日持つことが前提なんですね。そうなると何にでも合う控えめな色。ハンドルも肩掛けできる長さが使い勝手がよくて好きですね」

渡辺「確かに。とりあえず一個っていうなら、レザーでもキャンバスでも、定番色を選ぶのがやっぱり手堅いですよね」

Photo:Zenharu Tanakamaru(P24-34Model),Hiroki Nishimura(P26-34Props),Teppei Hoshida(P36-38)
Styling:So Matsukawa[TRON](P24-34)、Masahiro Tochigi(P36-38)
Hair&Make-up:Chika Kimura
Text:Kazuhiro Watanabe[Tryout](P30-33,36-38)
Model:Yusuke Oshiba,Lappin[BE NATURAL](P24-35),Naoki Mihira(P36-38)

詳しい情報は、本誌30ページからの「買うべきはレザートートなの? キャンバストートなの? どっち?」にてご確認ください。

smart5月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読