バレンタインにドヤりたいなら新進気鋭のショコラティエ・五反田「レ カカオ」!

日頃の感謝の気持ちをチョコレートに託す、バレンタインデーは、もう明日!
30代も半ばを過ぎると、誰かに贈るものとしてはもちろん、自分へのご褒美であっても、本格的なチョコレートを選びたいものですよね。

『オトナミューズ』3月号の特集「本っ当に、美味しいショコラ。」では、大人気のフードアナリスト・齊藤千晴さんが厳選した、実力派ブランドのショコラを紹介しています。
実際に試食をして選んだ逸品ばかりなので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

上質を知る大人だからこそ選びたい、
注目のニューカマー

情報収集に長けた大人の女性であるならば、この2年以内に登場した新進気鋭のショコラブランドはチェックしておくべし!
新しさもさることながら、ショコラティエのチョコレートに対する情熱や生真面目さに感動必至。味はもちろん見た目の美しさも秀逸で、エレガントな雰囲気あふれる珠玉の一品です。

セレクトしてくれたのは……

フードアナリスト
齊藤千晴
難関と知られるJFAAC認定1級フードアナリスト。
繊細な味を見分ける舌と抜群の嗅覚、そして強靭な胃袋を持ち、世界122都市を趣味で食べ歩いた探究心と食歴を持つ。
美しい外見からは想像もつかない根性と明るさでTVでも大活躍!
ちなみに美しさを保つ秘訣は「毎朝1時間のお風呂とUVケア、あとは美味しいものを心から楽しみ、太ると思って食べないことです!」という謎の前向きさも魅力です。

 

LES CACAOS
レ カカオ

チョコの概念を刷新するクリアさ。
五反田に新聖地現る!

2016年11月、東京・五反田に誕生した注目店。
タブレットから焼き菓子までハズレなし! チョコレートの製造から行うパティシエの黒木さんの、ひたむきで驕りのない人柄が味に表れています。
ムースの中にフリュイルージュのコンポートを潜ませたケーキ「マダガスカル」が顕著ですが、美味しさを極めると透明になるんだ、と感じます。どこまでも澄んだ湖を見ているような。真っ直ぐ過ぎて恐ろしささえ感じるような。心が洗われる体験を!

右から
ボンボン6種:¥1,899、
チョコレートケーキ「マダガスカル」¥556、
タブレット各¥1,065
(すべてレ カカオ)

ボンボンショコラやケーキの完成された味を、誠実なチョコレートが支える。
チョコ本体の後味の爽やかさは未体験! ホントに驚きます。

 

透明感のある美しいルックスのチョコは、眺めているだけで心が豊かになりますよね。洗練された大人のティータイムを素敵に演出してくれそうです。

特集内のPART 1「知る人ぞ知る! 特選3ブランド」では残りの2ブランドも、もちろん登場するほか、齊藤さんが普段から自腹買いするという定番ブランド、近年人気と需要が高まっているタブレットも紹介しています。
気になる! という人は、『オトナミューズ』3月号 132ページからをチェックしてみてくださいね。

Photograph_EMIKO FUKUDA
Styling_HIROKO NAKADA
Analyst_CHIHARU SAITO
Illustration_SHOGO SEKINE
Cooperation_UTUWA
Text_otona MUSE, P.M.A. Tryangle

※画像、文章の無断転載はご遠慮ください

↑『オトナミューズ』3月号の特別付録は「KEITA MARUYAMA パンダ3点セット」です

 

『オトナミューズ』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読