トートバッグVSバックパック 2018年どっちが流行る?スタイリスト10名が激論!

通学・通勤スタイル、プライベートコーデまで、幅広く使えるバッグの2大巨頭といえばトートバッグとバックパックだ。
特にバックパックは、ここ数年で存在感を発揮。スーツに合わせているビジネスマンも珍しくない。 

そうはいっても、そろそろ今年あたりにトートバッグ人気が再燃するのでは?
いやいや、誰しも両手が空くバックパックが手放せなくなっているはず。 

トートバッグVSバックパック、果たして2018年に流行るのはどっち?

そこで『smart』3月号ではスタイリスト10名にアンケートを実施。得票数が多かったほうを、2018年、よりヒットするモノと予想することに。

では早速、トートバッグVSバックパックという普段使いのメインバッグ対決を見てみよう!

 
☆詳しくは『smart』最新号に掲載☆

■トートバッグ

バッグ¥24,000/ザ シュペリオール レイバー(ナップ)
Gジャン¥16,000/セグレイ(サアガラ ショールーム)
シャツ¥11,000/スーパーサンクス(バンプロ)
パンツ¥14,000/パブリッシュ ブランド(アート ハビタット ショールーム)

「個人的にはトートバッグに注目しています。
最近購入したエンダースキーマのトートバッグがいい感じなので!」
こう語るのはスタイリスト・青木紀一郎さん。
お気に入りバッグとの運命的な出合いを果たした青木さん以外に、トート推しは何名いるのか?

■バックパック

バッグ¥33,000/エアー(MSPCプロダクト プレスルーム)
パーカ¥18,000/ジャクソン マティス(ハンドイントゥリーPR
パンツ¥14,000/パブリッシュ ブランド(アート ハビタット ショールーム)

「バックパックは不動の人気かと! ビジネスでも使えるデザインも増え、愛用している人を多く見かけますね」(小林知典さん) 

「どんなスタイルにも取り入れやすい。少しきれいめなスタイルやセットアップに合わせるのがオススメ」(添田和宏さん)

こんなコメントからも、その汎用性の高さから信者が増えているようだ。

「断然手ぶら派なので!」(小孫一希さん)とアクティブに動けることを魅力に感じている人も。

 

では皆さんの意見が出そろったところで、結果を発表!
スタイリスト10名による投票の結果……
トートバッグに2票、バックパックに8票が入り、バックパックが流行るという予想に!!
 

大きな得票差を見ても、今年もバックパックの牙城を崩すことができないだろうことがうかがえる。
ストリートスタイルの人気が継続する限り、まだまだお世話になることだろう。
タウンユースからアウトドア、スポーツはもちろん、今後はビジネススタイルのハズし役としても活躍が予想される。TPOに合わせて複数のバックパックを所持しておいても損はなさそうだ。
 

今年のトレンドを占う特集「2018年、どっちが流行るか対決!!」は『smart』3月号に掲載。特集内ではメインバッグ対決以外にも、デニム対決やシャツの襟元対決、Tシャツの首元対決など13の名勝負が繰り広げられています! 
熱き戦いの結果を知りたいなら『smart』3月号を要チェック!


写真_村本祥一[BYTHEWAY PHOTOGRAPHY]
スタイリング_栃木雅広[QUILT]
ヘア&メイク_SHUTARO[vitamins]
モデル_勇斗[BE NATURAL]
文_今野 壘、宝島オンライン、Roaster

※画像、原稿の無断転載はご遠慮ください

 

↑『smart』3月号の特別付録は「ナノ・ユニバース[nano・universe]  ボディバッグ」です

 

『smart』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読