女の子を可愛くみせる、春の「レッドメイク」

春の定番色といえばピンク。でも実は、春こそ赤が女のコをとびっきり可愛く見せてくれる季節なのです。それも、べたっとした赤じゃダメ。真っ赤でもダメ。透明感のある赤でないと! CUTiE4月号では、皆と差をつける、おしゃまなメイクテクをご紹介。今回は、今、じわじわ人気が出てきている赤眉メイクの方法をレクチャーします。

TP064_CUTiE.jpg

メイクを始める前に…
いくらパウダーやカラーをプラスしても、ボサボサの眉じゃ垢抜けない… 。まずは眉をキレイに整えて、旬眉にアップデートして。
[1]眉の上に生えているうぶ毛は、毛抜きで抜くよりもシェーバーで剃った方がキレイ。眉下は剃らないでそのままに。
[2]眉山の下に生えている太いムダ毛はピンセットで1本ずつ抜いていこう。残すべき自眉まで抜かないよう注意して。
[3]眉下のラインからはみ出ちゃう長い毛は、眉用の小さなハサミを使って慎重にカット。全体の長さをそろえて。
[4]眉用のスクリューブラシで眉全体をとかして毛並みを整えよう。この一手間で眉がぐっと描きやすくなる!

【赤眉メイク方法】
使用アイテム:[A]アディクション ビューティー/アディクション アイブロウ ペンシル シナモン、[B]ローラ メルシエ/ローラ メルシエ ブロウパウダーデュオ ディープブロンド、[C]アディクション ビューティー/アディクション アイブロウ マニキュア アッシュブロンド、[D]M・A・C/M・A・C スモール アイシャドウ スシフラワー

[1]Aのペンシルで眉頭と眉尻の、毛や太さが足りないところを埋めながら、眉の外側の形をとっていく。
[2]Bの2色を混ぜ、1のラインをぼかす。ぼかしつつ、内側の毛を1本1本描くようにして眉全体を埋めていく。
[3]Cを、地肌につかないように軽いタッチで眉全体に塗る。髪色よりワントーン明るいとやわらかい印象に。
[4]3で全体に眉マスカラを塗ったら、最後に眉頭の毛を立たせる。あえてぼさっとさせることでヌケ感をプラス。
[5]Dのシャドウを眉に少しずつのせる。眉頭は上に、中間は眉マスカラの毛流れに合わせて筆の角度を変えると◎。
[6]眉尻は、筆を下に角度を変えながらシャドウをのせる。長さは元の眉に合わせて、のばしすぎないよう注意。

photographs:Michihiro Shimizu[f-me]
hair & make-up:Yuko Igarashi[NORD]
model:Tomomi Toriyabe,Akiko Ishikawa,Kanako Hiramatsu
cooperation:UTUWA

詳しい情報は、本誌58ページからの「春の最旬レッドメイク計画」にてご確認ください。

CUTiE4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読