“空気うがい”で風邪予防!? 手洗い、うがい、マスク最新情報

帰省のため新幹線や飛行機に乗ったり、買い出しや初詣の参拝など、人混みに出掛けることが多かった年始。「うっかり風邪を引いてしまった!」という人も多いのでは? そろそろ、インフルエンザの流行も広がっているようです。

風邪対策の基本は、ウイルスを体に入れないこと。今も昔も手洗い、うがい、マスクが効果的な予防法なのです。

ですが、医療技術は日進月歩。手洗い、うがい、マスクについても、日々、情報がアップグレードされていきます。

そこで今回は風邪予防の正しいやり方について、最新情報を紹介します!
教えてくれたのは芝大門いまづクリニック院長 今津嘉宏先生です。

【手洗い】
流水だけでも
こまめに洗うのが大切

手洗いは頻繁に行うこと。
でも、毎回石けんをつけて洗うのは時間もかかるし、手荒れする原因に……。
おすすめは強めの流水で流す方法。手のひら、手の甲側を各10秒ずつ洗い流すだけで、表面のウイルスは取り除けます。


【うがい】
水がなければ空気うがいでOK!?

体の中に菌が入るいちばんの入り口は口なので、うがいは頻繁に行いたい。
でも水でうがいをできないときは、口から吸った空気を中にためて、ぶくぶくうがいのまねをするだけでもOK。ウイルスは空気を嫌うものが多いので、この方法で減らすことができるのです。

 

【マスク】
人混みに入るときは
ぴったりフィットさせて

マスクは飛沫感染を防ぎ、喉を保湿させる効果があります。
ただし、風邪のウイルスは目に見えない大きさ。完全に防ぐために、人混みに入るときは、鼻のまわり、あご、両サイドをぴったりフィットさせること。

またマスクを買う時に、高いものを使ったほうが効果的かな……と悩んだことがある人も多いのでは?
ですが高性能マスクも普通のマスクも、インフルエンザの感染率には違いがないというデータが。お財布に合ったものを選べばOK!?
(ただしガーゼのマスクより、不織布のマスクの方が効果があるそうです。) 

手洗い・うがい・マスクの最新情報を参考に風邪を予防し、春がくるまで元気に過ごしましょう!

【Profile】
今津嘉宏
芝大門いまづクリニック院長。
東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センターを経て、芝大門いまづクリニック開業。漢方を活用したがん治療を行う。
著書に『病気が逃げ出す上体温のすすめ』(ワニブックス PLUS新書)など。

Illustration: Kayo Yamaguchi
Text: Ema Tanaka 

参照:『リンネル』2月号138ページ~「リンネル流 免疫力アップ術」
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください


↑『リンネル』2月号は「ニーム×キッピス 北欧柄 二つ折り財布&カードセット」が特別付録です

 

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読