2018年、みんなが住みたい“ベスト田舎”は山梨県北杜市だった!

月刊誌『田舎暮らしの本』が、現在発売中の2月号で「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表。小さなまち総合部門では山梨県北杜(ほくと)市が、大きなまち総合部門では福岡県北九州市が、それぞれ1位に輝きました!

☆詳しくは『田舎暮らしの本』2月号に掲載☆

「住みたい田舎ベストランキング」は2013年から毎年行っている『田舎暮らしの本』の恒例企画。日本全国の市町村にアンケートを実施してその魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。
今回は移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスク、移住者数などを含む194項目を調査。過去最高となる671もの市町村からの回答をもとにランキング化しました。 

また第6回目となる今回、ランキング方法もリニューアル。
「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」と「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」、それぞれのニーズを考慮。人口10万人未満の小さなまちランキングと、人口10万人以上の大きなまちランキングに分けて調査しています。
さらに全世代対象の総合ランキングのほか、若者世代、子育て世代、シニア世代の4部門を設けました。 

そんな調査を経て、小さなまちランキング総合部門の1位に輝いたのが山梨県北杜市。
平成27年度から「若者応援プロジェクト」などの総合戦略を具体化。移住希望者の就労支援も行うなど、移住促進に力を入れた結果、2017年は30代の移住者を多数迎え入れています。 

その山梨県北杜市の渡辺英子市長から、喜びのコメントも到着。

多くの人に住んでみたい、
住み続けたいと感じてもらえるまちに 

「小さなまち」総合部門1位に選ばれたことを誇りに思うと同時に感謝申し上げます。
育まれる多くの恵みのなかで子育て支援、働き方改革などを推進し、すべての人が健康で幸せにつながる「お宝いっぱい健康北杜」を目指します。
多くの方に北杜市を知っていただき、訪れていただき、住んでみたいなと感じていただければ幸いです。
 

小さなまちランキングでは他に大分県臼杵(うすき)市が若者世代部門で、茨城県常陸太田(ひたちおおた)市が子育て世代部門で、長野県辰野町(たつのまち)がシニア世代部門で、それぞれ首位に選ばれました。 

また大きなまちランキングは、福岡県北九州市が総合部門とシニア世代部門の両方で第1位にランクイン。若者世代部門では栃木県栃木市が、子育て世代部門では福岡県糸島(いとしま)市が首位に輝いています。

ランキング発表に際して『田舎暮らしの本』柳編集長も「皆様の『住みたい田舎』探しの一助になることを願っております」とコメント。

『田舎暮らしの本』2月号には、各部門の第1位に選ばれた7市町に関する詳しいレポートや、小さなまちランキング上位40市町村、大きなまちランキング上位20市町村を掲載しています。
詳しくは『田舎暮らしの本』2月号をご覧ください!

『田舎暮らしの本』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読