決定版! 大人のための、スポーツ系サンダルの履きこなし方

InRed4月号では、今季、トレンドアイテムとして大注目のスポーツ系サンダルの上手な着こなし方を教えます。シューフィッターに聞く、サンダル選びのポイントも併せてご紹介します。

気取らずさらっと履けて、おしゃれ度高し!
気軽で楽ちんなつっかけタイプ
つっかけタイプのスリッパ系は手抜きにみえたらNG。ほんのり辛口モードな着こなしに合わせて、こなれ感を演出すれば簡単攻略!
「つっかけタイプは、足を入れた時に、かかとがソールより2~3mmほど出るくらいのものを選んで。サンダルのアッパー(甲の部分)よりも足の甲が薄い、もしくは足幅が狭い場合は、足を入れた際、つま先がサンダルより前に出てしまうのでおすすめできません。アッパーデザインよりも足の甲が高い場合は途中で足が引っかかり、無理な履き方になってしまうのでNGです」(協力:渋谷ヒカリエ シンクス シューズ カレイド)

684a44adc64750db8249601bd82a7e46.jpg

[モデル着(中央)]
ちょっとそこまで感のあるスリッパタイプは着こなしにこなれムードを加味して。ネイビーのグラデーションで作った抜け感がキーポイント。
[モデル着(左下)]
旬なメタリックサンダルを選ぶと、コーディネイトが一気に今年らしく仕上がります。ラグジュアリーなニュアンスには、いつものデニムスタイルをブラッシュアップしてくれる魔法が。さらにトレンドの厚底タイプならさりげなくスタイルアップが叶うので、パンツを合わせる時に持っていると便利。

ぱっと見ハードなデザインも、着こなし次第でタウンユースに
履き心地抜群の本気アウトドア系
ベロクロやアンクルストラップなど、主張系デザインが多いこのタイプは、ディテールを活かして、アクセントにすると履きやすい。
「アウトドア系のアンクルベルトで調節できるサンダルは、足首をベルトで固定できるので、足の甲が薄かったり、足幅が狭くて、靴の中で足が前にすべってしまいがちな人でも履きやすいのが特徴です。ただし、足首や甲まわりのベルトが細めに作られていたり、ベルトにクッション材が付いていない場合、歩いている内にベルトが足に食い込む可能性があるので注意が必要」(協力:渋谷ヒカリエ シンクス シューズ カレイド)

450c0f820bcf0d5663ebe5360aa9ff74.jpg

[モデル着(右)]
ラクなは履き心地で近年タウンユースでも人気のアウトドア仕様のサンダルは、ストラップの個性を活かして主役にして履くのがコツ。グレイッシュカラーのミモレ丈パンツをゆるりと合わせた、シンプルなモノトーンの着こなしの足元にさらりと履いて、飾らないかっこよさを体現して。
[モデル着(左)]
デコラティブな装飾でデザインされた進化系サンダルは、パンツよりもスカートと好相性。あえてミモレ丈のフレアスカートなど、コンサバティブなアイテムにコーディネイトするとおしゃれにまとまります。上品さをキープしながらモード風味でアピールできる上級テクはさっそくトライしたい。

撮影=清水将之〈mili〉(モデル)、草間大輔〈impress+〉、片岡 祥(ともに静物)
スタイリング=林 かよ
ヘア&メイク=太田年哉〈maroon brand〉
モデル=相沢紗世
文=前谷莉衣

詳しい情報は、本誌114ページからの「スポーツ系サンダル、どう履く!?」にてご確認ください。

InRed4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読