教えて、神崎恵さん! マスクでのメイクヨレ、カサ鼻女子からのさよなら術

steady.の好評連載、「神崎 恵の愛でられ美人でいこう!」。4月号では、季節の変わり目ならではの肌の悩みについてお答えいただきました。(撮影=天日恵美子 ヘアメイク=犬木 愛 文=中尾慧里)

TP085_steady.jpg

 春。季節の変り目ともなると、肌にはいろいろなトラブルが出てきます。なぜなら、冬の寒い時期を過ごしてきて、肌はかなりの乾燥ダメージを受けているから。それに、暖かい日があったり寒くなったりと気温が安定しないし、紫外線の量も少しずつ増えてきて、皮脂分泌も活発になってくる頃だからです。
「私のまわりにも、この季節は肌あれで悩む女子たちがたくさんいますね」と神崎さん。「就職とか転職とかでライフスタイルが変わる人はストレスもあるだろうし。なかでもやっかいなのは花粉!春風に舞うほこりなども気になるからマスクを使う機会が増えますが、マスクを外した後のメイクのヨレが気になりませんか? 愛でられ女子としては、マスクをする季節でもつるんとなめらかな肌でいたいですよね」
 マスクで、ファンデーションがヨレることって確かにあるかも……!
「お粉をつけているとヨレやすいので、私は、マスクをする日はBBクリームやCCクリームで過ごします。ヨレも気にならないし、ヨレたら上からお直しするのもカンタン。カバー力もそこそこあって、透明感のある肌に仕上げてくれる優秀品が増えているのでチェック!」
 花粉やマスクといえば、鼻をかむことも多いような。
「いくら潤いたっぷりのやわらかなティッシュを使っていても、回数を重ねると鼻が赤くなってカサつきますよね。私は、鼻をかむ前と後に、オイルやクリームを塗っています。このひと手間でカサ鼻女子から解放されますよ。乾燥している季節だからこそ、いつも以上に潤いケアが肝心。環境に負けない肌で過ごしましょう」

詳しい情報は、本誌85ページからの「神崎 恵の愛でられ美人でいこう!」にてご確認ください。

steady.4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読