絶対見たい「桜のトンネル」。鹿児島から北海道まで、編集部が厳選!

南から北へと春を運ぶ桜。この春は“桜のトンネル”を見に行きませんか。道の両側から降りかかるように、語りかけるように枝を伸ばす桜たち。田舎暮らしの本4月号では、「桜のトンネル名所」をご紹介。(文/石井千代子 写真/小松ひとみ[P74-75])

ff13f9b701ccecbd26be32a9002dee2f.jpg

■青森県弘前市(ひろさきし)『弘前公園』
見ごろ:4月下旬~5月中旬
ソメイヨシノをはじめ、シダレザクラやヤエザクラなど52種、約2600本が園内をピンク色に染める。石垣や天守、橋などとのコントラストも鮮やかで、見ごたえ充分。桜並木も外濠沿いなど何カ所かあり、特に西濠沿いの約360mの道は「桜のトンネル」で知られる。「弘前さくらまつり」期間中はライトアップされ、夜桜も楽しめる。
場所:青森県弘前市下白銀町1
交通:奥羽本線弘前駅から徒歩約30分(または車で約10分、100円バスなら約15分)、東北自動車道大鰐弘前ICから約25分
お問合せ:弘前市観光政策課 (電話番号)0172-35-1128
※「弘前さくらまつり」は4月23日(木)~5月6日(水・祝)、多くの露店も並ぶ。

 

8919d13d7a283a7259f3619cffc1c1f3.jpg

■北海道浦河町(うらかわちょう)『優駿さくらロード』(写真右上)
見ごろ:5月上旬~中旬
道央の南、えりも岬まで約50kmに位置する浦河町はサラブレッドの生産地で知られる。優駿の里公園では乗馬体験などウマと触れ合うことができ、広大な敷地にはさまざまなアウトドアができる施設が整備されている。桜並木はこの公園の入り口から約3kmにわたって続く。1000本のエゾヤマザクラが道の両側に並び、優美な桜トンネルが春を告げる。
場所:北海道浦河郡浦河町字西舎141-40
交通:日高本線日高幌別駅から車で約10分、日高自動車道日高門別ICから約90分
お問合せ:浦河町水産商工観光課 (電話番号)0146-26-9014
※「うらかわ桜まつり」は5月上旬予定、ライトアップのほかイベントを開催。

■埼玉県長瀞町(ながとろまち)『長瀞』(写真右中央)
見ごろ:3月下旬~4月下旬
町内には3000本以上の桜があり、1カ月以上楽しむことができる。樹齢200年といわれる大手の桜(エドヒガンザクラ)、法善寺のシダレザクラに続いて、長瀞駅から荒川の流れに沿った北桜通りと南桜通りは、それぞれ4㎞600本・3㎞200本の見事な桜のトンネルとなる。さらに宝登山(ほどさん)参道沿いの桜並木、ヤエザクラ500本が続く宝登山麓
の通り抜けの桜へと、見どころ満載だ。
場所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞地区など
交通:秩父鉄道長瀞駅下車すぐ、関越自動車道花園ICから約30分
お問合せ:長瀞町観光案内所 (電話番号)0494-66-0307
※「長瀞サクラまつり」は3月28日(土)~4月29日(水・祝)予定。通り抜けの桜は入場料200円、ライトアップは4月18日(土)~29日(水・祝)。

■島根県雲南市(うんなんし)『斐伊川堤防桜並木』(写真左中央)
見ごろ:3月下旬~4月上旬
斐伊川土手の全長2km、800本の桜並木は中国地方随一の名所として知られ、そのうち約1kmは両側からソメイヨシノが揺れるトンネルとなる。桜の名所はほかにもあり、約2週間遅れで満開になる「御衣黄(ぎょいこう)」と呼ばれる緑色の桜なども楽しめる。市では桜守による保護や育成など桜の町づくりを推進。桜まつり期間中は夜桜見物もできる。
場所:島根県雲南市木次町木次
交通:山陰本線木次線木次駅から徒歩1分、松江自動車道三刀屋木次ICからすぐ
お問合せ:雲南市商工観光課 (電話番号)0854-40-1054
※「桜まつり」は3月21日(土・祝)〜4月21日(火)、約150本のぼんぼりでライトアップされる。4月4日(土)・5日(日)には木次駅周辺でイベントを開催。

※桜の見ごろは気候などによって変わることがあります。各地のイベント日程なども含めて事前に確認をしてください。

詳しい情報は、74ページからの「桜のトンネル」にてご確認ください。

田舎暮らしの本4月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読