テラハ出身・島袋聖南が切ない「片思い」のお悩みにお答え!

日常生活を送る中で、女子たちの悩みはつきません。mini4月号では、人生経験がとっても豊富そうな(笑)有名人が、読者の様々なお悩みを解決! 今回は、テラスハウスの住人になった気持ちで島袋聖南さんに相談してみました!(撮影:清水通広[f-me] 取材・文:藪田朋子)

20d7cdc1960878b6ff3af8e582e371a3.jpg

年上男性との接し方がわかりません
Q:私は21歳の大学生です。バイト先の社員さんで、8歳年上の彼を好きになってしまいました。年上の人と付き合った経験もなく、どういうふうに距離を縮めていけばいいかわかりません。(学生・21歳)
A:距離を縮めたいなら、自分のほうから積極的に行っちゃってもいいと思う。年上の男性ならこっちからどんどん行っても包容力があるから受け止めてくれるはず。そうね~、まずは連絡を適度に入れて、自分の存在を意識させるようにすることからはじめてみたら? 成功してきたかなと思ったら次は、年下女子らしく甘えて、可愛らしさをアピールすること。「ご飯行こう」とか「見たい映画があるんだけど、ひとりじゃ行けないから付き合ってよ」って、なにかにつけて誘ってみる。それで、どんどんこっちのペースに引き込んじゃいましょう。あともうひとつ効果的なのが、相談すること。年上に限らず、男性は女の子に頼られるとうれしいから、進路のこととか仕事のこととか、あなたの悩みをじゃんじゃん話して相手に語らせてみて。そうするうちに彼だけじゃなくてあなたにとっても彼の知らない一面が見えてくるから、今よりも距離がバッチリ縮まると思うよ。積極的に行ってみましょ!

好きな人から女として見てもらえない
Q:好きな男の子から恋愛対象に入れてもらうにはどうしたらいいでしょう。いつも良い奴止まりになってしまいます……。(学生・20歳)
A:友達ね~。そういう時は隙を見せたらいいんじゃない? いい意味で。下品という意味じゃなくて、女としての隙。友達にしか見られないなら、もっと女性アピールをしていきましょう。例えば急にイメチェンをしてみたり、普段はカジュアル系でも彼の前ではラインの出るお洋服を着てみたり。お化粧ひとつでも、可愛いのかセクシーなのか、彼の好みをリサーチしてわかりやすい“隙”を見せること。あとは、私なら得意分野のお酒の力を借りて隙を作る(笑)。甘えてみるとか、少し触れてみるとか、普段言えない気持ちを素直に言ってみるとか……友達同士の距離じゃできないことを、二人きりのときに出してみる。そうすると相手も、少なくとも「え、急になんだろう!?」ってドキッとするから。そう思わせるだけでちょっとは関係が変わるんじゃないかな。素直になることって意外に大事なことだよ。

SNSテクを知りたい!
Q:片思いの彼とのやりとりは楽しいけど、なかなか関係が進展しません。SNSで効果的に使えるテクがあれば教えてください!(学生・22歳)
A:女性として見てもらうために、自分の好きな角度の盛れた自撮りをアップしてみたりとか、自分のいちばん推しな身体のパーツを撮って、セクシーさをアピールしてみたりとか。女の子の写真があがっていたら絶対気になるでしょ(笑)。男性って妄想力が高い生き物だから、そういう写真を見るとなんだかいろいろと想像しちゃうんだよね(笑)。相手に意識させるには効果的なワザだと思います。あとは彼の投稿に「いいね」をどんどん押して、あなたの存在をアピールするのもOK。もちろんツッコまれたときに答えられるように、ちゃんと内容にも目を通してね(笑)。コメント欄のやりとりもいいけれど、私なら書き込みはあえて控えて、メッセージのほうでやりとりをするかなあ。みんなから見えないところでこっそりメッセージ交換したほうが秘密を共有しているみたいだし、1対1だからしっかり話せるでしょ。それでもっと仲良くなれば、連絡先だってゲットできるんじゃない? ぜひ試してみてね。

詳しい情報は、115ページからの「mini読者のお悩み相談室」にてご確認ください。

書籍『I am SEINA』

mini4月号の情報はこちら!

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読