大旋風! スポーツ「ロゴドン」アイテム&コーデ術

定番スタイルといっても過言ではないほど、世代を問わず大人気のスポーツMIX。mini4月号では、ボーイッシュ代表のMOCOがダイナミックな「ロゴドン」アイテムをクールに着こなします。

2ec5222eb0194704603dd0f14cbc259a.jpg

そもそも「ロゴドン」とは…?
“壁ドン”ならぬ“ロゴドン”です。スポーツブランド&チームのロゴやエンブレムを全面にドーンと大胆に配したアイテムを“ロゴドンアイテム”と命名! 今回は、スポーツロゴドンスタイルに欠かせない、かっこよくておしゃれな5大スポーツブランドを紹介しちゃいます。

Champion
1919年アメリカで誕生。胸元のChampionの“C”ロゴワッペンはコーディネイトのアクセントになる、インパクトのあるデザイン。
大胆デザインは紺地だとコーデに取り入れやすい。膝丈スカートで女の子っぽさはきちんと残して!

adidas Originals
トレフォイルと呼ばれる三つ葉のマークは、古代ギリシアで競技の勝者に与えられた月桂冠がモチーフ。スポーツブランドならではのデザイン。
オーセンティックなトレフォイルは、コーデのアクセントにぴったり。つば広ハットでおしゃれ感をキープ。足元をブラックで統一し、全体を引き締まった印象に。

FILA
1911年にイタリアで創業したフィラ。トリコロールカラーは情熱的な太陽の赤、澄みきった地中海の青、幻想的に高山に舞う雪の白が由来。
クリーンな白がシティライク。インナーにハイネックを重ねれば、より今季っぽさのあるコーデに。

NIKE SPORTSWEAR
ロゴの名前はスウッシュ。勝利の女神ニーケーの彫像の翼をモチーフにデザインされたこのマークは、躍動感やスピード感を表現しているのだとか。
ネオンカラーのブランドロゴなら、ファッションにも落とし込みやすい。パステルカラーのライダースやデニム素材のアイテムでエッジィな中にも甘さをプラス。

PUMA
ドイツ生まれのブランド。ネコ科の動物が躍動感あふれて飛躍する姿がロゴのデザインモチーフになっている。
グレーにホワイトプリントは、初心者でも取り入れやすいカラーコンビ。スポーティな元気スタイルに、チェックのガウンシャツを合わせて大人っぽくまとめて。

撮影/鈴木 新[go relax E more](モデル)、米玉利朋子[G.P.FLAG]、吉岡真理(アイテム)
スタイリング/芦野美穂
へアメイク/加藤 恵
モデル/野崎智子

詳しい情報は、40ページからの「MOCO『スポーツロゴドンをGET!!』」にてご確認ください。

mini4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読