カズオ・イシグロを読んだフリできる!邦訳書籍全作解説付き入門書

去る12月10日(日)夜(現地時間)、スウェーデンの首都ストックホルムで行われたノーベル賞の授賞式に、2017年のノーベル文学賞を受賞した作家のカズオ・イシグロさんが出席しました。

日系英国人であるカズオ・イシグロさんの受賞は日本でも大きく報じられ、作品への注目度も急上昇。多くの書店で特設コーナーが設けられています。
とはいえ「ノーベル賞作家の作品は難しそう」「作品の数が多くてどれから読んでいいか分からない」と敬遠している人も多いはず。 

難しい本は、まず入門書で予習して、作品の概要をつかんでから読み始めるのが正解。
ということで初心者さんにオススメしたいカズオ・イシグロ作品世界のガイドブックがコチラ。


『カズオ・イシグロ読本-その深淵を暴く-』
別冊宝島編集部 編

本書では、邦訳されて書籍化された全8作品(『遠い山なみの光』『浮世の画家』『日の名残り』『充たされざる者』『わたしたちが孤児だったころ』『わたしを離さないで』『夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』『忘れられた巨人』)と、未単行本化の邦訳短編(『夕餉(ゆうげ)』『戦争のすんだ夏』『日の暮れた村』)のあらすじを紹介。

さらに作品をより深く理解するため、作家の来歴、関係者やカズオ・イシグロさん本人の発言から行った作品の分析、文学研究者をはじめとする有識者の寄稿などを収録。また個人的には「なぜ村上春樹はノーベル賞を取れないのか」と題されたコラムや、イシグロ作品翻訳家である土屋政雄さんへのインタビューも気になるところ。
奥深いイシグロ・ワールドを読み解くためのポイントを多面的に解説しています。

 

入門書でありながらも、その真髄に触れることができるカズオ・イシグロ事典的な1冊。 

作品世界をじっくり味わいたいという文学好きはもちろんのこと、「サクッと全作読んだふりしたい」という多忙な現代人にも役立ちますよ。

 

『カズオ・イシグロ読本-その深淵を暴く-』
別冊宝島編集部 編

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読