いま頼るべきはベリー色 お呼ばれOKの「女映え」コーデが即完成!

厳しい寒さのせいなのか、どんより曇りがちな空のせいか、気づけば定番色を使ったコーディネートに陥りがちな冬。全身、黒やグレー、ネイビーといったダークカラーでまとめて、守りに入っていませんか?
ですが年末といえば、クリスマスや忘年会など華やかなシーンも増える季節。いつものコーディネートに色を足して、気持ちもおしゃれも上げていきましょう! 

着るだけで目を引く人になれそうな「女映え」アイテムとして、『GLOW』1月号が提案しているのはベリー色。レッドやピンクといったファッションアイテムを1点投入するだけで、女性らしさがぐんとアップしますよ。
スタイリング例をいくつかチェックしていきましょう!

☆詳しくは『GLOW』2017年1月号に掲載☆

クランベリーレッド
クルーネックニット


スタイリッシュなパンツスタイルに
赤のニットで女っぽさをプラス

フレアシルエットのパンツにプリーツエプロンを重ねた着こなしのトップに赤を合わせてモードな女映えスタイルが完成。

クルーネックニット2万6000円(エブール) 
パンツ5万2000円、パンツに巻いたプリーツエプロン2万円(ともにエアロン/コロネット)
バッグ5万円(ヴァジック/ガリャルダガランテ 表参道店) 
パンプス8万2000円(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京) 
ピアス2万円(マリア ブラック/ストラスブルゴ)

 

シュガーピンク のパンツ


クールなトップグレーには優しいピンクが効果的

冬の曇り空のようなグレーのニットに、ピンクのボトムで優しい印象を。

パンツ6万2000円(マディソンブルー) 
ニット3万2000円(ハイク/ボウルズ) 
中に着たタートルネックニット1万9000円(エストネーション)、
ブーツ7万9000円(ネウス/ともにエストネーション) 
バッグ13万6000円(ピエール アルディ/ピエールアルディ 東京) 
イヤーカフ1万3000円(サスキア ディアス/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

 

カシスレッド のファースヌード


顔まわりが華やぐファーは
深みのある赤で女っぽさが上昇

今年はカラーファーを選ぶのが正解。深い赤はどんな色にも合わせやすく、ほどよく女映えできる。

ラビットファースヌード4万9000円(イヴ サロモン/ステディ スタディ) 
ジャケット5万2000円(ダブルビー) 
シャツ5万2000円(マディソンブルー) 
パンツ4万6000円(ハイク/ボウルズ) 
バッグ14万円(J&Mデヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店) 
ピアス8万4000円(ソフィー ブハイ/ストラスブルゴ)

 

 

ベリー色は華やかすぎて照れるから……と敬遠している人もいるかもしれません。ですが、まとうだけで優しげで女性らしく魅せてくれる優秀カラー。ぜひチャレンジしてみてくださいね♪ 

『GLOW』1月号の巻頭特集では、1枚着れば「女映え」するアイテムを多数ご紹介しています。お呼ばれが増える前に要チェックですよ。

撮影=MITSUO OKAMOTO 
スタイリング=天水沙織〈S-14〉
ヘア&メイク=河村慎也〈mod’s hair〉 
モデル=小野りりあん

※画像の無断転載はご遠慮ください

 
↑『GLOW』1月号は特別付録「ジャーナル スタンダード 大人の上品 ファーバッグ」と「ニコライ バーグマン 『珠玉の花カレンダー 2018』です

『GLOW』最新号のお知らせ

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読