ハンモックで身も心も癒してくれる、「リンネル男子」が気になる!

好きなものやことにはとことん! そんなアツさが「リンネル男子」共通なのです。4月号では、ハンモックマッサージ「chilling」セラピスト・小池信行さんにお話を伺いました。(撮影/松村隆史 取材・文/BOOKLUCK イラスト/山崎美帆)

13a95311cb8fa29a1f17932b1fc5b36e.jpg

あたかも宇宙で夢を見ているように。底抜けの安堵から空中で揺られ前後不覚になったとたん、くぅっと身体に分け入る不思議な感覚。世界初のマッサージ「ハンモックマッサージ」を考案し、世に広める小池さんは、まさにイメージそのままの、自然体を絵に描いたような素敵男子でした。「きっかけは僕が単純に、ハンモックがすごい好き!と思って。乗った瞬間『なんなんだこれは!』となったんです(笑)」。バックパックひとつで向かった旅先で出合ったタイ式をはじめ、これまでさまざまな国でスタイルやテクニックを勉強してきた小池さんがたどり着いたのは、こよなくやさしく深い刺激。「揺れの反動を活かして、ムダに力を入れずに。最近になって、ようやくできるようになってきました」

そんな小池さんの「施術時の正装」は、リネンのシャツにコットンパンツ。「でも、普段からこんな感じかもしれないですね。動きやすくて、清潔感があって、何よりも着ていて気持ちのいいもの」。特に気になるのは、素材感とシルエット。「パンツは『ストーンマスター』というアメリカのブランドで、細身なんですけど軽くて薄手で、ストレッチも効いているのですごくはきやすい。しっくりきて、色違いで何枚も持ってます」。またシャツは、襟の小さいものを好んで選ぶとか。「やっぱりマッサージ中は首元が気になるので。余計なものは、できるだけないほうがいいですから」。俗的なものが剥かれ削ぎ落とされたような、穏やかだけどソリッドな印象の小池さん。彼の施術を体験して、あなたも“宇宙夢”の世界にたゆたってみては?

詳しい情報は、本誌168ページからの「リンネル男子会」にてご確認ください。

リンネル4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読