「土臭い」カラーのスニーカーがいよいよブレイクの予感です!

ファッションにおける90年代ブームの流れから、とうとう「ティンバーランド」のイエローブーツが人気再燃との噂。
その余波を受けてか、スニーカーの世界でも、ウィート(小麦色)や、タン(淡い茶色)といった、いわゆる土臭いカラーリングのモデルが、続々とリリースされています。
30代以上のスニーカー好きにはどこか懐かしく、若い世代には何か新鮮に映る、いなたくて渋~い1足を、ブランドの垣根を超え、厳選してピックアップしてみました!

☆詳しくは『smart』2018年1月号に掲載☆

 

【pick up item】
今年、特に人気だったウィートカラーの1足はコレ!

NIKE(ナイキ)」 
AIR MAX 95 SNEAKERBOOT

その名の通り、名品 AIR MAX 95を足首まで覆うブーツ仕様にアレンジ。
さらに、温かみを感じさせるウィートカラーにてパッケージ。
¥20,000(ナイキ カスタマーサービス)

 

 

【othe items】
次に来る! 渋いカラーリングが魅力のキックス4選

PUMA(プーマ)
CLYDE SOCK RAINS

ラバー素材のアッパーに止水ジップで防水性を高めたライナーソックが合体。
上品なタンカラーが洒脱な印象を与える。
¥13,500(プーマ お客様サービス)

 

 

「es(エス)」 
ACCEL

コロンとしたファットなシルエットで愛される代表作、ACCEL が待望の完全復活。
クッション性の高いインソールなどタフな作りは健在。
¥9,800(ソニック ディストリビューション)

 

 

KARHU(カルフ)
SYNCHRON CLASSIC

トゥに斜めに掛けることで機能性を高めたレースデザインと、温かみのあるスウェード素材のコントラストが生み出した大人のランシュー。
¥16,800(シードコーポレーション)

 

 

NIKE(ナイキ)
AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA

編み上げて形成された左右非対称のアッパーに加え、足首まで包み込むチャッカタイプ。
スウェード&ガムソールが秋冬らしい質感。
¥17,000(ナイキ カスタマーサービス)

 

ハイブランドのスニーカーや、モノトーンを中心としたハイテクモデルの次は、揺り戻しで、この辺りの渋い色合いのモデルがブレイクしそうな予感がするのですが、いかがでしょうか?
さて、『smart』1月号の巻頭特集では「腕時計、財布、アクセ、スニーカー 指名買い新作250! 」と題して、スニーカー以外にも、今シーズン鉄板の人気アイテムを多数ご紹介していますので、是非ご覧下さい。

 

Photo_ YOZO YOSHINO[Y’s C]
Styling_KOICHI MATSUHIRA
Text&Edit _TOMMY, TAKARAJIMA-ONLINE

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

↑『smart』1月号の付録は「tk.TAKEO KIKUCHI[ティーケータケオキクチ]) 本気(マジ)で使えるリュックサック」です

 

『smart mag web』

『smart』最新号のお知らせ

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読