どこにいても私らしく kazumiさんに学ぶ旅コーデ [NZ編]

実は旅が好きだという人気モデルのkazumiさん。『リンネル』1月号ではニュージーランドの南島を訪問。クイーンズタウンで牧場見学などのアクティビティを体験したり、オーガニック食材を多用したグルメに舌鼓を打ったり、豊かな自然を満喫しました。

kazumiさんといえば、ファッションコーディネートサイト「WEAR」で71万人ものフォロワーを抱えるおしゃれインフルエンサーとしても有名です。
ニュージーランド旅行中のコーディネートも、さぞおしゃれに違いない。と、いうことで道中のスタイリングを教えてもらいましょう! 

☆詳しくは『リンネル』2018年1月号に掲載☆

「洋服も背景の一部」と語るkazumiさん。ニュージーランドの雄大な自然に似合うスタイルはコチラ。

港町でグルメを満喫したときに着用していたのは赤ワンピ。
落ち着いた色合いの湖畔の街並によく映えます。

チェスターコート¥24,000、
ワンピース¥16,200/
ともにコンジェペイエ. アデュートリステス、
その他/モデル私物(帽子:MHL. カバン:Mimi 靴:que)

**********


ニュージーランド名物、羊とのご対面はモコモコ素材のアウターで。羊のマネをしたかのような、茶目っけたっぷりのセレクトです。

アウター¥5,990、
パンツ¥5,990、
帽子¥2,990/
すべてスタディオクリップ、
その他/モデル私物(リュック:ORCIVAL 靴:adidas)

**********


国内最高峰のマウントクックを代表するハイキングコースへはシンプル&アクティブなスタイルで出発。
ベーシックカラーのお洋服がコケやシダの緑を引き立てます。

パーカ¥36,000/
ザ・ノース・フェイス原宿店、
その他/モデル私物
(パンツ:HELLYHANSEN リュック:ORCIVAL  ブーツ:Blundstone  ニット帽:STEVEN ALAN)

**********


世界一の星空が鑑賞できる南島中央部の街、レイク・テカポ訪問時には、自然に溶け込むアースカラーをチョイス。

コート:¥27,000/コンジェ ペイエ.アデュートリステス、
帽子¥2,990/スタディオクリップ、
その他/モデル私物(トップス、スカート:BEAMS BOY、靴:Palanco)

**********

旅先を調べて、イメージに合う洋服を選ぶところから旅が始まるというkazumiさん。旅行コーデといえば、どれだけ着回せるかというところについつい気を取られがち。ですが次回の旅ではkazumiさんを見習って、訪問先の景観を意識して服を選びたいものです。 

kazumiさんのニュージーランド紀行について、詳しくは『リンネル』1月号108ページからの特集「心から笑顔になれるニュージーランド旅・南島」をチェック。

【PROFILE】
kazumiさん
モデル。『リンネル』をはじめ、女性誌をメインに広告、CMなどで活躍中。
ライフスタイルや旅の様子を紹介しているインスタグラム(@kazumi0728)も話題。
人気ブランドとのコラボレーションも好評で、ファッションコーディネートサイト「WEAR」のフォロワー数は71万人を突破。

photograph:Miho Kakuta
model:Kazumi
text:Chiaki Tanabe(Choki!) , Takarajima-Online
specialthanks: Tourism New Zealand, Air New Zealand, Aki Yoda

※画像の無断転載はご遠慮ください

         

↑『リンネル』1月号は特別付録「リフラティ シップス 手触り極上 ファートート&ポーチセット」と
綴じ込み付録「チーコさんの花カレンダー『花を楽しむ12か月』」の3大付録付きです

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読