いつもの献立でも“めでたい度”を上げる 正月感を演出するテーブルコーデ

師走に入ると、お正月はもう目の前。
仕事は慌ただしさを増し、プライベートでもクリスマス準備や年末の大掃除など予定がてんこ盛り。気づけば12月最終週に突入……なんて状況に陥りがちです。 

ですが忙しい日々の中でも、1年のはじめ、お正月は日本の伝統を感じつつ、丁寧に迎えたい。
それならば、食卓に和風小モノで彩りを添えてみてはいかがですか?
重箱に手作りお節を詰めるとなると大掛かりだけれど、テーブルコーディネートに和風の小モノを取り入れるのならば気軽に挑戦できるはず。
そこで今回は正月感をUPさせる食卓のスタイリング例を4種類ご提案します。

☆詳しくは『リンネル』2018年1月号に掲載☆

 

●手ぬぐいづかい

短くして使い勝手よく
ナプキンや手拭きに

おめでたい赤や紅白の手ぬぐいを手拭きとして添え、華やかに。
1/3の長さに切ると、使いやすくなるのでおすすめです。切りっぱなしでいいのもうれしいところ。

 

●竹串づかい

刺すだけで見栄えも食べやすさもアップ

和の気分を盛り上げるなら、串も青竹製をセレクト。
刺すだけで盛り付け上手に見えるだけでなく、料理を取り分けやすくする実用的なアイテムとしても活躍。

 

●箸置きづかい

縁起のよい水引の結びを箸置きにして

淡路結びや平梅結びなど、おめでたい水引の結びの文様は、かわいい箸置きに!
右上や中央は、錫製。それ以外はシールなどで、ラッピングコーナーで購入可能。

 

●懐紙づかい

シンプルな器に敷けば
あらたまった雰囲気に

器がシンプル、盛り付けに余白があるなどの場合は、懐紙の出番。特別感が出て、スタイリングが決まります。
紅白のものから梅や扇などのキュートな形のものも。

**********

竹串や箸置きなど小モノを取り替えるだけなら、すぐに挑戦できますよね。小モノでお正月感を添えれば、厚焼き玉子やカマボコといった定番メニューも、たちまちごちそうに早替わり。年始の準備の参考にしてくださいね!

『リンネル』1月号の特集「新年を楽しく迎える、素敵なお正月料理」では、テーブルスタイリングだけでなく、簡単に作れるお正月料理レシピも紹介しています。

※画像の無断転載はご遠慮ください

photograph: Miyako Toyota
styling: Yuko Magata
text: Kaori Akiyama, Takarajima-Online

  

↑『リンネル』1月号は特別付録「リフラティ シップス 手触り極上 ファートート&ポーチセット」と綴じ込み付録「チーコさんの花カレンダー『花を楽しむ12か月』」の3大付録付きです。

 

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読