「PORTER」のポーチセットは、仕分けがはかどる旅グッズの新定番!

旅行や出張の際に、キャリーケースの中で荷物を仕分けできる、スタッフバッグを活用するのは、旅慣れた人なら今や常識。
ただ、便利なのはいいとして、デザインがブラック一辺倒だったり、容量がでかでかとプリントしてあったりと、やや洒落感の欠けたものが多いのもまた事実。
そんな中、「PORTER(ポーター)」から、「おしゃれ」、「便利」、そして「リーズナブル」と3拍子揃った、スタッフバッグの決定版が登場しました!

☆詳しくは『MonoMax』2017年12月号に掲載☆

 

パックス
ポーチ ¥9,120
お問い合わせ先 ポーター スタンド品川駅
TEL 03-6408-9173

 

■大・中・小のサイズ違いが嬉しい、豪華3個セット

まず何と言ってもこのスタイリッシュなルックスが最高! トラッドテイストを感じさせる落ち着いたブラックウォッチは、年齢や性別を問わず使える万能柄。
しかも素材は撥水性のあるナイロン素材を使用しているので、ランドリーバッグとして使用できるのも嬉しいポイントです。
さらに、サイズの異なる3つのポーチが1セットで、何と1万円を切るコスパの高さは、喜びのあまり小躍りせずにはいられません。
勿論、それぞれのポーチには全て安心の「PORTER」製タグが付いているので、単体としても使える見栄えの良さも◎

 

 

■カラーの異なる口紐を目印に、荷物を簡単に賢く仕分ける!

もう1つ、このポーチの大きな特徴が、サイズ毎に色分けした口紐にあります。
これにより例えば、着用前の肌着類はホワイト、帰宅後に洗濯するものはグリーンというように、自分なりのルールさえ決めておけば、いちいち中を開けて中身を確認する必要がありません。
さらに、それぞれのポーチは、マチ付きで容量も十分。

例えば……

小サイズのポーチには、すぐに使えるようにアメニティグッズをまとめて……

 


中サイズには、靴下や肌着類をすっきり収納して……

 


大サイズには、バスタオルや着替えなど、かさばるものをまとめて入れちゃいました!

 

どうですか? 出張や旅行なら申し分ないサイズ感と言えるでしょう。
それに、こんなおしゃれなポーチがあれば、いつもは苦手な旅支度もぐっと楽しくなるのは間違いありません。
さて、『MonoMax』12月号では、「使える! 得する! 自慢できる! U(アンダー)1万円傑作モノ」と題して、さまざまなジャンルからコストパフォーマンスに優れた厳選アイテムを、多数ご紹介していますので、是非ご覧下さい。

 

撮影/村本祥一(BYTHEWAY)、尾島翔太、
スタイリング/小孫一希
文/津田昌宏、伊藤勝太、高橋政喜、今野 壘、宝島オンライン

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

↑『MonoMax』12月号の付録は「BEAMS BIGボストンバッグ」です

『MonoMax Web』

『MonoMax』最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読