人気ヘア&メイク・イガリシノブ直伝! ラブフェロ顔になれる春リップ術

sweet3月号では、今最も女のコからアツい視線を集めている人気ヘア&メイクアップアーティスト・イガリシノブさんが最旬ラブフェロメイクをレクチャー! イガリさんならではの色と色を重ねて作る、フェロモンムンムン&オシャレっぽさもMAXなリップメイクテクをお披露目。

■ROSE×ORANGE
リップはそれぞれ違う質感同士をMIXさせてみると思いもよらないインパクトが生まれる! まさにコレがそんなクチビル。ちょっと乾いた感じが色気の秘密。

9dad16997e3f331fadbac68d21009e70.jpg

□メイク方法
[使用アイテム]ジルスチュアート ビューティ マットシフォン リップス 01(限定発売)、M・A・C リップスティック ガール アバウト タウン(3月5日発売)

[1]M・A・Cのローズカラーリップをリップブラシにとって唇の形よりややオーバーめに描く。上唇はなだらかな山型に。
[2]ジルのマットなオレンジリップを口角からブラシを使って塗って。[1]より少し内側ぎみにのせると自然と立体感を強調できる。
[3]最後に指で唇全体をポンポンおさえてなじませると、より質感も色もMIXされて、完成度の高いナマイキリップに!

■PINK×PINK
白っぽいピンクリップは今の気分にものすご~くマッチ。60年代ぽくて可愛いし、目元もぐんと強く見えて、“みんなよりちょっと格上なワタシ”って感じの気分にひたれちゃう。

sweet03igari.jpg

□メイク方法
[使用アイテム]シュウ ウエムラ ラック シュプリア PK 03、パルファン・クリスチャン・ディオール ディオール アディクト リップスティック 371(2月27日限定発売)

[1]ファンデーションをつけたスポンジで、唇の赤みをOFF。最後に中指で口角の内側の影までしっかり消してフラットな状態に。
[2]シュウ ウエムラのリキッドピンクリップを左右に伸ばしながら引き塗る。その後、指でなじませると立体感がUP。
[3][2]の上からディオールのベビーピンクリップをON。同じように見える色でも、2種類重ねることでたちまちボリュームのある唇に。

make-up & direction:SHINOBU IGARI[BEAUTRIUM]
photo:HIDEKI TAKAHASHI,MARI YOSHIOKA,MAYA KAJITA[e7]
styling:KEIKO MIYAZAWA[D-CORD]
hair:TAKERU KAWABATA[BEAUTRIUM]
model:SHIORI SATO
text:NATSUKO TOHRIYAMA

詳しい情報は、本誌138ページからの「イガリシノブ PRESENTS リップで始める春のラブフェロメイク」にてご確認ください。

■Information
ただいま、イガリメイク本を絶賛製作中です! どうぞお楽しみに!!

sweet3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読