【SPRiNG 1月号付録】ジャーナル スタンダードのトートは、雨でも安心の「はっ水加工」でビッグサイズ!

来週、11月22日(水)発売の『SPRiNG』2018年1月号には「ジャーナル スタンダード キャリーループ付き高機能でかトート」が特別付録として付いてきます。
カジュアルな印象のポリエステル地のボディを、レザー調のパーツ使いとシックな色使いでまとめて、上品に仕上げました。
さらに、このトート、あれこれと高い機能性を隠し持った、利便性の高さが売りの優秀アイテムでもあったんです。

☆詳しくは『SPRiNG』次号のお知らせに掲載☆

 

 

■前回の大好評を受けて、第2弾のコラボレーションが実現

熱心な読者の皆さんならご存知かと思いますが、『SPRiNG』では以前、「ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)」と、ボストンバッグをコラボレーションした実績があり、付録とは思えぬビッグサイズで大好評でした。
そこで、手に入れることの出来なかった皆さんの熱烈なご要望にお応えして、今回満を持して第2弾のコラボレーションが実現!
前回、好評を博したディテールを活かしつつ、さらに使いやすくアップデートした渾身の自信作に仕上がっています。
また、ボディの側面に配した「JOURNAL STANDARD」のピスネームこそ、本コラボレーションの確かな証と言えるでしょう。

 

■「雨ニモマケズ、雪ニモマケズ」……雨でも雪でも安心のはっ水加工

今回、以前のコラボレーションと比べて大きく進化を遂げたのが、バッグの表面に施したはっ水加工。
写真を見てもらうと分かるように、付着した水分が、染み込むことなく弾いてくれます。
雨はもちろんのこと、この季節特有の雪やみぞれにも強く、中に入れた大切な荷物をしっかりと守ってくれることでしょう。
年末年始の旅行や帰省など、降雪が心配される場所でも安心して連れて行ける、貴方の頼れる旅の相棒となってくれそうです。

 

■キャリーバッグにしっかりと固定できる、キャリーループ付き

バッグの背面にはキャリー用のループを付けました。幅広なので、装着時に安定感があり、キャリーをひいてもグラつかないのがポイント。
何より混雑が予想される空港や駅構内で、大きな荷物をいくつも抱えて移動することを考えれば、荷物を1つにまとめられるのは嬉しい限りです。
加えて、バッグ自体は柔軟性のあるポリエステル素材なので、旅行の際など、行きは畳んで閉まっておいて、帰りにはお土産を入れてキャリーに取り付けるなんていう、使い方もおすすめです。

 

いかがでしたか? 上品なルックスと高い機能性を併せ持つ、今回のビッグトートバッグ。年末年始の旅行の際などに、是非ご利用下さい。
さて、来週のニュースサイト「宝島オンライン」では、気になる収納力など、本製品の魅力についてさらに迫ってみたいと思いますので、是非お楽しみに。

※特別付録「ジャーナル スタンダード キャリーループ付き高機能でかトート」本体以外は付録に含まれません

『SPRiNG』次号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読