キャットフェイスに変身! ナチュラル&セクシーが今の気分♪

新作のコスメも、はやりのメイクも、ぷるんっとうるおったみずみずしい肌があってこそ!CUTiE3月号では、メイク前の下準備から仕上がりまでがっつりフォローした美肌完全プロセスをご紹介。今回はうる肌がいきる最旬フェイスの作り方をお届けします。(photographs:Yohei Takahashi[f-me]  hair & make-up:Sam  model:Kanako Hiramatsu,Akiko Ishikawa,Akechal)

 8a44dfa8e3256e992283625ed2fc4019.jpg

ナチュラルだけどちょっぴりセクシーなメイクが最高に今っぽい! というわけで、シャドウで作るキャットラインが無邪気な可愛さを演出する「キャットフェイス」の作り方を伝授します。

[Step.1]アイシャドウ
使用アイテム:イヴ・サンローラン クチュール クルール パレット アフリック
パレットの右上と右下のシャドウを混ぜながら筆にとり、アイホール全体にささっとのせる。次に、パレットの左上のブラウンを二重幅と、下まぶたのキワ目頭から目尻までのせる。自然に目を大きく拡張。

[Step.2]アイライン
使用アイテム:RMK インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー03 ディープブラウン
Step.1で使ったパレットの真ん中の濃いブラウンを細い筆にとり、上まぶたのキワに引く。目尻は5mm程度ハネ上げて。次に、ブラウンペンシルで上まぶたのインラインを埋める。ブラウンならナチュラルだけどぱっちり目に。さらに、ペンシルで下まぶたのインも目頭から目尻まで埋める。ガッツリ埋めないで、あくまでもうすくがポイント!

[Step.3]アイラッシュ
使用アイテム:ファシオ スマートカールマスカラ(ロング) BR300
マスカラで上まつ毛を塗ったら、下まつ毛も一本一本丁寧に塗って女のコらしい目を強調。

[Step4]アイブロウ
使用アイテム:イプサ アイブロウライナーBR、ジルスチュアート アイブロウパウダー 02 natural brown、M・A・C ウォータープルーフ ブロウ セット ブラウンエボニー
アイブロウライナーで眉の真ん中から眉尻まで、足りないところを埋めながら形を整えていく。アイブロウパウダーの一番上と中間の色を混ぜて、眉全体にオン。眉頭から中央まではパウダーだけで優しい印象に。最後にウォータープルーフ ブロウ セットを使って、眉全体の色を統一する。ブラシを左右に動かしながら塗ると根元まで色がついて◎。

[Step.5]チーク
使用アイテム:M・A・C カジュアル カラー ウィークエンド ゲッタウェイ
練りチークを頬の真ん中にのせたら、指を2~3本使って横に広げてガーリーな血色を演出。チークを横にのばすだけでもOKだけど、もっとラブリーに仕上げたいコは頬の中心にだけチークをプラス。

[Step.6]リップ
使用アイテム:アディクション パーフェクト コンシーラー コンパクト、イプサ リップコートグロス NC14
グロスの発色を出すために、まずコンシーラーを唇にのせて色を消す。硬めのコンシーラーを選んで。グロスを全体にラフにのせる。うる肌にはぷるんとした唇がぴったりなので、たっぷりめにのせよう。

詳しい情報は、本誌51ページからの「ぷるんっとうる肌メイクLesson」にてご確認ください。

CUTiE3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読