手書き文字だって盛りまくれ☆デコ文字&イラストレッスン♪

いま大ブームのデコ文字。手紙やメッセージカードを送るとき、伝えたい言葉をかわいくデコると、相手により伝わりやすくなりますよね!
仲良しのお友だちにちょっとした手紙を送るとき、「もっとかわいく書けたらな……」とか、「ワンポイントにイラストをかけたらな……」と思ったことはありませんか?
今回はみなさんに、いくつかデコ文字の書き方と、イラストのアイデアを紹介します!

その1. デコ文字のキホン
デコ文字を書くとき、まず気をつけたいのが「バランスのとれた文字を書く」ということ。走り書きやなぐり書きのような雑な書き方では、文字をデコりにくくなります。

①正方形におさまるように書く
②線の「止め」を意識する
③文字の大きさをそろえる

という3つのポイントに気をつけるだけで、デコりやすい文字になりますよ!

きれいな文字が書けたら、次はひらがな、カタカナ、数字、アルファベットなどのデコ文字を書いてみましょう。デコ文字は、なんとなくハードルが高そうと思う人も多いかもしれませんが、「文字を点線で書く」「文字を一回り大きい線で囲む」「文字のはしを丸でとめる」などの工夫をするだけ! ちょっとの工夫で「盛れてる」手紙になります!

その2. いろいろなデコ文字
デコ文字のキホンが書けるようになったら、少し手間は掛かるけれどももっとかわいいデコ文字に挑戦してみましょう♪
あいさつ系、会話系、流行の言葉など、様々なデコ見本をもとに一歩先のデコレーションにチャレンジ!

一番使うのがこの「あいさつ」。手紙の最初や最後にデコ文字があると楽しい気持ちになりますね♪

「ぐうかわ」や「かまちょ」などのデコ文字が入っていると手紙がとっても盛り上がりますよ♪

 

その3. イラストのキホン

イラストはデコ文字より少し難しいので、はじめからあきらめてしまう人もいるかもしれません。ですが、以下のことに気をつければ少しずつイラストが上達すること間違いなし!

①かきたいイラストのだいたいの大きさを決める
②生き物(ヒトやイヌ、ネコなど)は顔からかきはじめる
③生き物以外(食べ物やカバンなど)をかくときは、大きな部分からかく

その4. いろいろなイラスト

イラストをかくときのキホンがわかったら、いろいろなイラストを見本に、マネしてかいてみよう! お手本を見ながら恥ずかしがらずにかいてみれば、どんどん上達しますよ♪

ワンポイントになりそうな動物のイラスト。かわいいだけじゃなく、手紙やノートにかいてあるだけでかわいく見えます。

ライン・フレームは、文章のまわりを囲むときに役立ちます。リボンやネコちゃんのフレームで、メッセージを囲んでみてください。

 

その4. デコ・イラストを応用しよう!

ここまでに紹介したデコ文字やイラストが書けるようになったら、カレンダーやメッセージカード、ノートや付箋に応用してみましょう!
ノートやカレンダーがかわいくなると、自然と気持ちが明るくなりますよ♪

今回紹介したデコ文字とイラストは、ムック『かわいいハッピー!デコ文字&イラストレッスン♪』で練習することができます。本の中では、友だちに喜んでもらえるデコ文字や、ワンポイントイラストのヒントをたくさん掲載しています。そのうえ、なぞってレッスンできるスペースもあるので、デコ文字&イラストマスターになれること間違いなし!

巻末には、友だちと交換して仲良くなれる「友活カード」もついてきます! 名前やニックネーム、誕生日や好きなものをデコ文字で記入して友だちに配れば、一気に人気者になれるハズ!

この本で、さっそくデコ文字やイラストを始めてみてはいかがでしょうか?
 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

『かわいいハッピー!デコ文字&イラストレッスン♪』

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読