こんなセクシーなゾンビなら襲われてみたい!? 山本彩が血みどろの花嫁に大変身!

 

まもなくハロウィン本番! 年々加熱する盛り上がりにはイマイチ乗れないけど、この時季にアイドルがSNSに載せる、キラキラした仮装姿を鑑賞するのが大好きなそこの貴方(&俺)。
お待たせしました、いよいよ真打ちの登場ですよ!
我らがさや姉ことNMB48の山本彩さんが、儚くも美しいゾンビに大変身! まるで夢にまで出てきそうな恐ろしさと、夢なら醒めないで! と願わずにはいられない、嗚呼、麗しきかな花嫁姿をメイキングとともに大公開します!

☆詳しくは『smart』2017年12月号に掲載☆

 

■テーマは「ゾンビの花嫁(ZOMBIE BRIDE)」!!!!!

【SAYAKA’S COMMENT】
ゾンビになったことはあったんですけど、特殊メイクをやるのは初めてでした!
近くで見ても傷が本物みたいで、自分の顔やのにめっちゃ痛そう(笑)。
こういうのが苦手な人は、怖くて見られないくらいリアルですよね。
あと、パッツン前髪でパーマのウィッグが新鮮! 花嫁姿だけど、「これはお嫁に行けないな」って思いながら撮影してました(笑)。

※衣装はすべてスタイリスト私物

 

【MAKING of  ZOMBIE BRIDE】


 この撮影では、おなじみの黒髪と雰囲気の違う、赤毛のウィッグを装着。
パッツン前髪&パーマヘアもかなり新鮮です!


ゼラチンで作られた傷跡を皮膚に貼り、その周りにエアブラシで血管を描いていけば、あっという間にゾンビメイクが完成。


ベールをつけて、最後の仕上げ。血に汚れたウェディングドレスも、美しく着こなしています。


 Finished!!  もの悲しげな表情でのゾンビ撮影でしたが、合間のオフショットカメラには笑顔!
ゾンビの花嫁という設定に、撮影しながら「かわいそう……」と感情移入(?)していたのでした 。

 


ゾンビメイクを落とすときには、「自分の皮膚が剥がされてるみたい!(笑)」と、あまりのリアルさに驚いていました。

うーん。果たして有史以来、こんなに美しいゾンビがいたでしょうか! 否、いません(反語)
なお、本誌ではもう1パターン、さや姉リクエストによる人気キャラになりきった仮装姿も掲載しています。こちらは本人曰く「もう今年のハロウィンは思い残すことがないです」と断言する程の出来栄えなので、気になる方は『smart』12月号を是非ご覧下さい!

Model _ Sayaka Yamamoto(NMB48)
Photography_ Koji Taniwaki,Mari Sugawara
Styling _ Takashi Tokunaga
Hair&Make-Up_ Raishiro Yokoyama(Yolken)
Special Effects Make-Up_ Akiteru Nakada[ZOMBIE STOCK]
Production of Quinque_Chiharu Kasai[ZOMBIE STOCK]
Edit _ Sonoko Tokairin, Takarajima-Online

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

↑『smart』12月号の付録は「STUDIOUS(ステュディオス)リュックにもなる万能トート」です

『smart』最新号のお知らせ

 

 

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読