デニム!! デニム!! デニム!! 今っぽい選び方&着こなしは?

今、取り入れたいアイテムナンバー1は絶対デニム! mini3月号では、今っぽさが光る選び方&着こなし方を徹底的にご紹介! (撮影/大辻隆広[go relax E more]<モデル>、米玉利朋子[G.P.FRAG]<商品>  スタイリスト/筒井葉子[ピースモンキー]  へアメイク/上杉光美  モデル/佐藤栞里、佐藤優津希)

mini1503denimR.jpg

■デニムシャツ
デニムシャツもウエスタン風のものなど、いろいろあるけれど、飽きのこないシンプルなワイシャツがテイストを問わず使いやすい。今回着まわしたのは、アース ミュージック&エコロジーのアイテム。オールシーズン着ても飽きのこないシンプルで、きれいめなデザイン。1枚でもレイヤードしても使える、用途の広さが魅力。今季は加工のないインディゴカラー、シンプルでベーシックなデザインを選ぶことがポイント。

[着まわしスタイル]
1:パンツスタイルはシャツをIN!クラッチバッグでシティライクに。(右)
2:スウェットから襟をちら見せ。万能シャツはコーデのバリエも豊富。(左上)
3:ワンピースにはおるだけで、一気にボーイズライクなテイストに変化。(左中央)
4:ストライプのパンツで上品クラシックスタイルにキメればパーティにも!(左下)

 

mini1503denimL.jpg

■Gジャン
アウターとしてはもちろん、メインアウターの中にインしても着ることができるコンパクトなサイズ感が今季のGジャンの主流。着まわしたのは、ダズリンのアイテム。スカートやワンピともコーディネイトでき、ハイウエストボトムと合わせれば脚長効果も。今季は、インディゴ~ミドルウォッシュカラー、ジャストなサイズ感のものを狙って。

[着まわしスタイル]
1:ちょいアウターにぴったり。白と黒の小物でコーデを引き締め。(左)
2:洗いのかかったデニムは、白など春らしい薄いトーンとも好相性。(右上)
3:カーキとデニムは鉄板のペア。白Tをチラ見せさせて軽さを加えて。(右中央)
4:前ボタンを全留めし、ハイネックを覗かせれば、グッドガール風に。(右下)

さらに詳しい情報は、本誌51ページからの「デニム!! デニム!! デニム!!」にてご確認ください。

mini3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読