沼津の雑貨店「hal」店主 後藤由紀子さんが挑戦! 下半身太りを解消する着こなし術とは?

着たい服や挑戦したいスタイルがあるのに、体型が気になって二の足を踏んでしまう。
そんな悩み、誰しも1度や2度はあるはず。そこで『大人のおしゃれ手帖』11月号では、スタイリストの石井あすかさん指南のもと、体型コンプレックスを解決してくれる着こなしレッスンを開講。今回は『大人のおしゃれ手帖』でもお馴染み、「hal」店主 後藤由紀子さんの悩みである「下半身まわりが太ってきたこと」と「背が低いこと」を一度にクリアします。
賢いアイテム選択と、ほんの少しのアイデアで、貴方の印象が劇的に変わりますよ。

☆詳しくは『大人のおしゃれ手帖』2017年11月号に掲載☆

 

■今回、後藤由紀子さんのために石井さんがセレクトしたのは、シャツワンピース

【そのまま着ると……】

同じ色、同じ素材の面積が多いと、重くどっしりと見えがち。「カジュアルすぎるかも」(後藤さん)


【Style sample】

大人は首まわり、すそまわりに抜け感があることが大切

白でまとめた上下に、さらりと羽織ったシャツワンピース。いつもフェミニンな後藤さんの印象を覆す、さわやかな着こなし。ポイントは、シャツワンピースの衿を立てて颯爽とすること。インパクトあるアクセサリーとレザーのかごバッグで上質感をプラス。

シャツワンピース¥27,000/ティッカ
ニットベスト¥8,900/コロニー(ファラオ)
パンツ¥11,800/ヤラ(ヤラ吉祥寺店)
ネックレス¥18,000/トレマイデ(プレインピープル丸の内)
レザーバッグ¥39,000/ドラゴン(ハリス代官山店)
スカーフ¥7,000/マニプリ(フラッパーズ)
ショートブーツ¥42,000/ショセ(プリュス バイ ショセ)

 

【ここもポイント】

シャツの袖も、パンツの裾同様少しロールアップを。また、ショートブーツとパンツの隙間から素足を見せるのもポイント。

石井さん曰く
『(後藤さんは)小柄なことが悩みだとうかがったので、シンプルなシルエットのシャツワンピースを選んで、中は白の同系色でまとめてIラインを強調するような着こなしにしました。トップスはボトムにインにすることでおなかまわりがすっきり見えますよ』とのこと。

 いかがでしたか? 参考になりましたでしょうか? 本誌ではこれ以外にも二の腕の丸みや首もとのたるみなど、体型コンプレックスをカバーする着こなしを多数紹介していますので、気になる方は『大人のおしゃれ手帖』11月号を是非ご覧ください!

■石井あすかさん
1975年生まれ。2000年に独立。着る人の体型や個性を考えたコーディネート指南には定評がある、『小柄な大人が素敵に見える着こなしのルール』(小社刊)など著書多数。

■後藤由紀子さん
沼津にある雑貨店「hal」店主。センスのいい暮らしぶりで注目をよび、今年だけで『家族が心地いい暮らし』(あさ出版)、『ほどほど収納が心地いい』(小社刊)など3冊著書を出版。来年には4冊出版予定。

photograph:Isao Hashinoki
styling:Asuka Ishii
hair & make-up :AKI
text:Tomoko Yanagisawa, Takarajima-online

 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

↑『大人のおしゃれ手帖』11月号の付録は「Y’s(ワイズ)お財布としても使える万能ポシェット」です

『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読