チョコとコーヒーの甘美な世界~入門編

チョコレートを楽しむことの多いこの季節。ブーム到来のコーヒーとは相性も抜群です。GLOW3月号では、自宅でおいしいコーヒーが楽しめるとっておきの淹れ方、チョコとの組み合わせをバリスタ世界チャンピオン・井崎英典さんに聞きました。今回は、40代女子に向けたコーヒー入門として基本的な知識を紹介します。(撮影:田村昌裕〈FREAKS〉、荒井 健〈PPI〉  スタイリング:中林友紀  取材・文:粂 真美子  監修:井崎英典〈丸山珈琲〉)

GLOW1503coff650.jpg

■「サードウェーブ」「スペシャルティコーヒー」って何?
豆の産地を重視したクオリティの高い豆、挽き方、淹れ方にこだわり、単一品種の豆だけ
を使用して丁寧に味わう「サードウェーブコーヒー」。豆の品種や農園、栽培地区が特定でき、栽培に手抜きがなく、産地特有の個性を感じさせる満足度の高いコーヒーが「スペシャルティコーヒー」です。

■豆の焙煎度合いとその特徴は?
一般的に浅煎りほど酸味が強く、深煎りほど苦みを強く感じます。豆選びの基準となる基本の3種類を覚えておきましょう。浅煎りはすっきりとした酸味が特徴。中煎りは華やかな酸味に加えて適度な苦みもあり。深煎りは苦みとコクがあり、ビターな味わいが楽しめます。

■コーヒー豆の保存方法は?
鮮度を大切にしたいコーヒー豆は、少量ずつ購入するのがベスト。すぐに飲むなら常温保存で。1~3週間程度なら冷蔵、3週間以上の場合は冷凍保存を。いずれの場合も密閉容器に入れて、酸化を防ぐこと。粉の場合は、いずれも冷凍で保存しましょう。

さらに詳しい情報は、本誌124ページからの「チョコとコーヒーのマリアージュ入門」にてご確認ください。

GLOW3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読