どこまで知ってる? プロ野球「スキャンダル検定」100

94bcbc298c79b982c094775bdc73005b.jpg

球場内外でうっかり飛び出る選手、監督たちの素顔。選手同士の確執、暴行事件、女性問題……。ある意味、名勝負よりも見応えのある人間ドラマがあまた繰り広げられてきた。宝島3月号では、プロ野球ファンなら知っておきたい歴史に残るスキャンダルを初級・中級・上級と計100問掲載。あなたはいくつわかる?

■問題
《初級編》
【問1】1964年、巨人対国鉄戦でホームスチールを独断敢行、打席の広岡達朗が途中帰宅するほどまで激怒させたのは誰か。
[1]柴田勲 [2]土井正三 [3]長嶋茂雄
【問2】1973年、残り2試合で1勝すれば優勝だった阪神。エース・江夏豊に対して球団経営陣のかけた言葉は次のうちどれ。
[1]「優勝したら報奨金をはずむ」
[2]「名古屋では負けて甲子園で優勝を決めてくれ」
[3]「カネがかかるから優勝しなくていい」

《中級編》
【問34】覚醒剤所持で逮捕された江夏豊が後に語った薬物使用の理由とは。
[1]「古傷が痛んだから」
[2]「寂しかったから」
[3]「女に勧められて」
【問35】日本ハム時代の1990年に失踪騒動を起こした河野博文。その理由は何か。
[1]故障でクビになったと思い込み実家に引きこもり 
[2]人間関係に疲れて実家に引きこもり
[3]不倫相手との逃避行

《上級編》
【問83】1991年、当時大洋のエースだった中山裕章がわいせつ目的で少女を物色していた際に乗っていた車の車種は。
[1]BMW [2]ベンツ [3]ポルシェ
【問84】1992年、トランプ賭博事件発覚後、釈明会見に臨んだ元巨人・柴田勲のセーターに描かれたトランプの柄は?
[1]ハートのエース [2]スペードのキング [3]ジョーカー

□答え
【問1】[3]セオリー無視の本盗ながら「長嶋のやることだから」とベンチが容認姿勢だったことも広岡の怒りを増幅させた。
【問2】[3]「優勝争いでの2位なら、集客は増えるが選手の年俸を上げずに済む」との考えからの言葉だった。
【問34】[3]江夏は実刑判決で服役。出所後のインタビューでの談話。
【問35】[1]支配下選手枠の関係から「任意引退扱い」とされたことを「クビ」と勘違いしていた。
【問83】[2]「犯人は高級外車に乗っていた」との目撃証言が逮捕につながった。
【問84】[3]同件では元ラグビー日本代表の松尾雄治も現行犯逮捕されている。

さらに詳しい情報は、本誌124ページからの「プロ野球『スキャンダル検定』100問」にてご確認を。

宝島3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読