「カワイイ」 ピンク色を大人らしく装う

可愛げのある大人がテーマの『オトナミューズ』11月号。特集内ではスタイリストの亀恭子さんが、色の持つ力を借りて可愛く装うテクニックを伝授すべく、それこそ色とりどりのスタイルをご提案しています。中でも今回、ニュースサイト『宝島オンライン』ではカワイイの象徴、はたまたキュートの権化ともいえるピンク色にフォーカスし、not 林家ペー・パー夫妻 but 大人可愛い、今の年齢だからこそ似合うピンクの装いをご紹介します。

☆詳しくは『オトナミューズ』2017年11月号に掲載☆

 

【Style sample】

ヴィンテージライクなピンクは、ミューズ世代によく似合う

落ち感のある上品なレースのスカートをチョイス。ついカゴやファーバッグを合わせたくなってしまうけど、やり過ぎないように小物はシンプルにキレイめにまとめてあげて。
スカート¥86,000(ebure)
シャツ¥26,000(upper hights/ゲストリスト)
バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン 青山店)
シューズ¥36,000(レペット/ルック ブティック事業部)

 

色の濃淡を楽しんで、こなれた雰囲気にみせる

ピンクの絶妙なグラデーションでリラックス感を醸し出すのがポイント。ボトムのコーデュロイパンツでトレンド感を入れることで、気は抜かないコーディネートに。
ニット¥33,000(ロンハーマン)
パンツ¥12,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町)
ジャケット¥43,000(マディソンブルー)
ネックレス¥138,000(ヴァンドーム青山/ヴァンドーム青山本店)
バッグ¥32,000(LITTLE LIFFNER/レリタージュ マルティニーク)
シューズ¥85,000(ニコラス カークウッド/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

 

 

【Pick up items】

一枚でサマになる、大人こそ似合うピンクアイテム3選

 

ベーシックな色を選びがちなニットを、まずはピンクに変えてみるだけでもスタイリングが一気に新鮮に。
¥17,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 銀座店)

 

 

両サイドに入ったスリットでヌケ感を持たせてくれるトップスは1枚持っていると便利です。濃いめのデニム合わせてスッキリと着こなしたい。
¥29,000(ebure)

 

 

ガウンのようにサラリと羽織っても素敵ですが、太めのベルトでウエストマークをした、ドレス風な着こなしもモダンで女っぽい。
¥53,000(THE IRON/FUN Inc.)

 

決して可愛いだけではない、ピンクカラーの上品な魅力が伝わりましたか? いつもはモノトーンのアイテムを選びがちな貴方も、この秋冬は是非この魅惑のカラーに挑戦してみては?
さて、『オトナミューズ』11月号では、その他にもさまざまな企画で「大人の可愛げ」とは何たるかを検証していますので、是非ご覧ください!

 

photograph:KOJI SATO[TRON](model),MAYA KAJITA[e7](still)
styling:KYOKO KAME
hair:YUTAKA KODASHIRO[mod’s hair]
make-up:YUKA HIRATA[D-CODE]
model:SERI IWAHORI
text:OTONA MUSE,TAKARAJIMA-ONLINE

 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

↑『オトナミューズ』11月号の付録は「JILLSTUART(ジルスチュアート)旅に出たくなるビッグボストンバッグ」です

『オトナミューズ』最新号のお知らせ

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読