おじさんを狙う「盗撮女子」が急増! SNS拡散で被害者に?

 615f520cefd241b24f02e013ada5d3d9.jpg

「盗撮」と聞くと被害者は女性と思われがちだが、若年層にスマホとツイッターがデフォルト化した今、おじさんたちが被害に遭っているのをご存知だろうか。宝島3月号では、専門家に話を伺った。

「盗撮被害者」といえば、若い女性と相場は決まっていたが、ここ数年、逆に彼女たちが「加害者」となるケースが増えている。場所は電車の中やコンビニ。ただ「キモい容姿をしている」というだけの理由でおじさんたちを盗撮、ツイッターに投稿しているのだ。

「面白いと思ったら何でも撮影して投稿しますね。ウケればリツイートされてフォロワーも増えますから」(ツイッターユーザー歴2年の女子大生)
おじさん盗撮の現状について、ネットトラブルに詳しい唐澤貴洋弁護士が、警鐘を鳴らす。
「本人の同意を得ず勝手に撮影すれば、肖像権侵害に該当します。また、その人を貶めるようなツイートをしたら、侮辱罪・名誉棄損罪に問われる可能性もあります」そして、問題はそうした面にとどまらないと指摘する。
「侮辱ツイートをした人が、ネットユーザーに個人情報を特定され、逆に叩かれてしまうケースが数多くあります。分別なく面白がってツイートするリスクは高いですね」(同前)
最大の問題は、一度ネット上に流れてしまった画像を消すことが困難な点だろう。プライバシー意識の高い欧州では「忘れられる権利」が大きなテーマになっている。
(引用元:宝島3月号11ページ「What’s UP?NEWS」 取材・文:栗原正和)

盗撮女子たちの面白センサーは十人十色。電車の中で眠りこけていたら寝顔がSNSで拡散されていた…なんてことが我が身に起こるかもしれない時代になってしまったんですね。いやはや、恐ろしい…。

宝島3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読