この秋押さえたいキレイ色6種をスタイリストが伝授!


春夏に続いて、この秋冬もショップの店頭で目を引くのがキレイ色。ボルドーやマスタードといった秋色は毎年展開されてきたものの、今年は特にバリエーションが豊富です。
『リンネル』や『大人のおしゃれ手帖』など女性誌で活躍するスタイリスト・岩田麻希さんも「今年は色の種類や服、小物、メイクに至るまで、色のアイテムの数がとても豊富」とコメント。 

「たとえば春夏に人気だったピンクは、秋になって青みがかったフューシャピンクが注目を集めていたり、挿し色としてよく使っていた赤は、オレンジとの中間くらいの朱赤が増えていたり。今までなら、ネイビーだったブルー系も、うんと明るめの発色のよいブルーに。
そういったニュアンスのある色は、普段着ているベーシックカラーの服にひとつ加えるだけで、気分もおしゃれの幅もぐっと上げてくれます」 

そして、岩田さんがこの秋押さえたい6色として上げてくれたのがコチラ。

 

・ボルドー
・ピンク
・マスタード
・グリーン
・ブルー
・オレンジ

 

 

●ボルドー


↑ボルドートップス ¥13,000/オノレ(オノレ 代官山店)、

トップスにつけたブローチ ¥9,000/プティローブノアー

 

●ピンク


↑ピンクストール ¥12,000/シー(ファスサンファール)、
ベレー帽 ¥2,769/無印良品(無印良品 池袋西武)

 

●マスタード


↑マスタードニット¥7,400/ケービーエフ プラス(ケービーエフ プラス ルミネ有楽町店)、
メガネ ¥20,000/バディオプティカル(ハウス バディオプティカル)

 

●グリーン


↑スカート ¥24,000/オニール オブ ダブリン(ニーム京王百貨店新宿店)

 

●ブルー


↑ブルーニット¥38,000、ネックウォーマー¥8,000/ともにネストローブ(ネストローブ 表参道店)、

ソックス ¥3,500/ヴラスブラム(ヴラス ブラム 目黒店)

 

●オレンジ


パンツ ¥5,900/プードゥドゥ

秋らしい色のお洋服にときめきながらも、私には着こなせないかも……とハードルが高く感じてしまったかもしれません。
そんな人のために、コーディネートにきれい色を取り入れる時のポイントも教えてもらいました。 

「華美なデザインではなく、ベーシックなものをシンプルに合わせると、取り入れやすいと思います。
去年までは青いボーダーだったけど、今年はピンクにしてみよう、くらいのラフな感じでチャレンジしてみてください」
by スタイリスト・岩田さん

いつもと違った色の服を着るときには、合わせてメイクの足し引きも必要です。
秋色がもっと似合うバランスを頭に入れて、全身をスタイリング。気分一新、新たな自分を見つけてみては?

 

『リンネル』11月号の誌面では、秋色の主役服合わせメイクについて解説。秋色メイク入門のコーナーもご用意していますよ。
詳しくは『リンネル』36ページからの巻頭特集「私らしい『服とメイク』」をご覧ください♪

photograph: Yusuke Moriwaki(MUM)
styling: Maki Iwata
text: Momoko Miyake, Takarajima-online 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください


↑『リンネル』11月号特別付録は「リサ・ラーソン 大型ボストンバッグ&便利ポシェット2個セット」です。

 

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読