鉄板つまみ・鶏つくねにちょい足しで味変♪[ビールには●●、カクテルなら●●●を]

せっかく買ったのに、使いきれずに冷蔵庫に入れっぱなし。気付けば賞味期限が切れていた……なんてことになりがちなのがスパイス&ハーブ。
いつもの料理に足せば、風味が増して新しい美味しさが楽しめるはず……と分かってはいるけれど、一体どんなメニューにどう合わせたらいいのやら……。 

そこでスパイス調合家・料理家の日沼さんに、スパイス&ハーブを普段づかいする方法を教えてもらいました!

【PROFILE
日沼紀子さん 

スパイス調合家・料理家。食品メーカーでスパイス商品開発に携わった後、カフェオーナーとしてスパイスやハーブを使った料理を提供。
近著に『日常づかいのシナモン・レシピ』。

スパイス&ハーブを料理に使うタイミングは、日沼さんによると①下ごしらえ、②調理中、③仕上げの3つだそう。最も簡単なのは、仕上げにパラリとかける方法。スパイスやハーブの香りが活かされて、新たな美味しさに出合えます。

では今回は、おつまみの定番・鶏つくねの仕上げにオススメなスパイス&ハーブをご紹介。お酒に合わせて、味に変化をつけてみては?

☆詳しくは『リンネル』2017年11月号に掲載☆

鶏つくねの仕上げに
~パラリとかけて香りを楽しむ組み合わせ~

●カクテルに合わせるなら…
+フレッシュミント

→涼やかさを感じる東南アジア風つくねに大変身!

 

●ビールや日本酒に合わせるなら…
+花椒

→ピリッとしたうまさでお酒がすすむ中華風の味わいに 
 

〈鶏つくねの作り方〉
鶏もも挽き肉に玉ねぎのみじん切りを混ぜ、串につけてフライパンで焼き、砂糖としょうゆを混ぜ合わせたタレを入れて絡める。

 

ひとつのメニューでも、かけるだけで違う味わいが楽しめるのがスパイス&ハーブのいいところ。他の調味料も試して、お気に入りの味を見つけてみては? 

『リンネル』11月号では「スパイス&ハーブの日常づかいでもっとおいしい秋のごはん」と題して、スパイス&ハーブをつかった家庭料理レシピを掲載しています。詳しくは本誌をチェック!

 

photograph: Shungo Takeda
cooking & styling Noriko Hinuma 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください


↑『リンネル』11月号特別付録は「リサ・ラーソン 大型ボストンバッグ&便利ポシェット 2個セット」です
©LISA LARSON

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読