秋こそ持ちたい新定番かごバッグ~もこもこ素材&ドラゴン~

夏が終わったから、かごバッグとは来年までお別れ……なんて思っている人は、もう古い!?
ナチュラル系ファッションと相性が良く、着こなしに抜け感をプラスしてくれるかごバッグは、実は1年を通して活躍するアイテムなのです! 

そうは言っても、季節感があるものやトレンドアイテムにときめくのが女心。夏に使っていたかごバッグとは、また違うものを持ち歩きたい。
そこで今回はいつものとはひと味違う、新鮮さが魅力の新定番かごバッグ2種類をご紹介します♪

秋こそ持ちたいかごバッグその1
もこもこ素材プラス

今年はかごバッグももこもこ素材プラスで冬仕度を

ナチュラルな装いにマッチしてくれるかごは、季節問わず使える定番バッグのひとつですが、今年は秋冬仕様のものにぜひトライ!
ニットやファーの巾着を選ぶと、厚手の服とのバランスもよくなります。


↑軽くて丈夫なラタンのバッグ[H15×W25×D13]
¥16,000/ビリティス・ディセッタン(ビリティス)


↑カーキのもこもこ巾着付きバッグ[H20×W26×D22]
¥15,000/ヒューマンウーマン



↑エレファントグラスで手作りされているバッグ[H25×W32×D15]
¥32,000/ムーニュ(ビショップ) 

 

☆詳しくは『リンネル』2017年11月号に掲載☆

 

秋こそ持ちたいかごバッグその2
ドラゴン

バッグ[H28×W39×D13]¥38,000/ドラゴン(プレインピープル丸の内)、
トップス¥19,000/MHL(アングローバル)、
ニットスカート¥68,000/ノーウォス( ビオトープ)、
シューズ¥19,000/アニエル(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)
 

ファションシーンにアンテナを張っている人なら、もうチェック済みかと思われるのがドラゴンのかごバッグ。近ごろ、セレクトショップでも、よく見かけるようになりました。
「ドラゴン」は1985年にベルギー・ブリュッセルで誕生。インド・マドラス地方の革職人が丁寧に編み込んで仕上げています。
かごバッグならではのナチュラルムードと、リッチさが漂うツヤ感のある素材のバッグを持つだけで大人シックな雰囲気に。ファッション業界人を中心にブームの兆し!?

  
↑ニュアンスのあるグレーのバッグ[H19×W25×D15]
¥38,000/ドラゴン(プレインピープル丸の内)


↑ヘリンボーン調の編み目が美しいバッグ[H31×W50×D14]
¥48,000/ドラゴン(プレインピープル丸の内)


↑フラットタイプのバッグ[H36×W38]
予定価格¥37,000/ドラゴン(ビショップ)

秋仕様にアップデートしたかごバッグなら、周りからも「それいいね」と言われるはず!
 

『リンネル』11月号誌面では、他にも街で注目を集めるバッグや、機能性が高いバッグが集合。詳しくは『リンネル』11月号80ページからの特集「秋バッグをそろえました!」でチェック♪

 

photograph: Kiyoaki Sasahara
styling: Yuka Moriyama(S-14)
hair&make-up: Takae Kamikawa(mod’s hair)
model: Miyu Otani
text: Momoko Miyake, Takarajima-online 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください


↑『リンネル』11月号の付録は「リサ・ラーソン 大型ボストンバッグ&便利ポシェット2個セット」です

©LISA LARSON

 

『リンネル』最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読