ボクシータイトスカートが「週3着られる服」な理由

『InRed』10月号の特集は「今、ほしいのは『週3着られる服』」。
そもそも週3着られる服とは何か? 
友達との約束・仕事・特別な日のお出かけに代表される、3つの異なるシーンで着まわしの利く、
コスパに優れたアイテムのこと。
本誌ではさまざまなアイテムをご紹介していますが、ニュースサイト「宝島オンライン」では、
ボクシータイトスカートをピックアップしてその魅力と汎用性に迫ります。

NOTコンサバでコーデの幅が広がるボクシータイトスカート

仕事にも使えるきれいめの印象ながら、タイトスカートより身幅にゆとりがあって着やすいうえに
洒落た雰囲気もある。きちんと感と今っぽさが両立されているから、トップス次第で
カジュアルにもおめかし服にもなる、大人女子が持っておきたいスカートの代表格!


秋らしいチェック柄とウエストの切りっぱなしのディテールが技あり。

¥27,000(アストラット/アストラット 青山店)

 


大人っぽいピンクとレースアップのデザインが効いた一枚。
トップスがシンプルでも華やかな装いに。

¥13,800(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店) 

 


プレッピーな雰囲気のクラシカルなストライプ柄は、嬉しい細見えの効果も。

¥15,000(ビューティ&ユース トラディショナル ユニフォーム/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)

☆詳しくは『InRed』2017年10月号に掲載

 

シーン別 ボクシータイトスカート 着回しテクニック
【SCENE 1】-at WORK-

ハリ感のあるカーキシャツがノーブルな女らしさに導く
大人女子にとって最も日常的で気を遣うのがビジネスシーン。
フェミニンで艶やかな花柄スカートも、襟抜きシャツをインして着れば仕事仕様に。
カーキ×ブラウンの配色が装いを落ち着いた雰囲気に仕上げてくれます。

スカート¥59,000(ブルーバード ブルーバード/ロンハーマン)、 
シャツ¥15,000(カリテ/カリテ スケープ コレド日本橋店)、 
共布ベルト¥11,000(ブルーバード ブルーバード/ロンハーマン)、 
バッグ¥44,000(ポティオール/ショールーム セッション)、 
バングル¥4,900(アネモネ/サンポークリエイト)、 
パンプス¥29,000(ペリーコ サニー/アマン)

ここでは紹介しきれなかったその他のシーンのルックに加え、ブランド、素材別に厳選した
「週3着られる服」の情報をもっと知りたい貴方は『InRed』10月号を是非ご覧下さい!

Photographs=Yumi Nakano〈A.K.A〉(MODEL) , Kazuki Sato〈Sasaki Office〉(STILL)
Styling=Mika Nagaoka  
Hair & Make-up=Ichiki Kita〈Permanent〉 
Model=Lee Momoka 
Text=Maki Sekine〈The Voice〉,Takarajima-online

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

↑『InRed』10月号の付録は「ジャーナル スタンダード ラクちん肩掛けトート」です

『InRed』最新号のお知らせ

 

 

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読