【リンネル11月号付録】リサ・ラーソンねこのサコッシュ(大流行!)と高機能ボストンバッグ

9月20日(水)は『リンネル』11月号の発売日。特別付録として「リサ・ラーソン」とコラボレーションした「スケッチねこ柄の大型ボストンバッグ」と「ポーチにもなる便利ポシェット」が付いてきます。

■暮らし系女子の最愛ブランド、リサ・ラーソン
11月号の付録制作に向けて、リンネル編集部がコラボレーションしたブランドは北欧発の「リサ・ラーソン(Lisa Larson)」。ユニークなたたずまいの動物イラストが、日本でも大人気。誰もが1度は目にしたことがあるはずです。
このほのぼのとしたテイストで、ナチュラル系ファッションを愛するリンネル読者の心をキャッチ。これまでも複数回、コラボした付録が生まれましたが、どれも完売間近となる人気っぷり。今回も早めに手に入れないと、店頭から姿を消してしまうかも……!?

では、まずはサコッシュタイプのバッグ、ポーチにもなる便利ポシェットをチェックしていきましょう♪

☆詳しくは『リンネル』次号のお知らせに掲載☆

〈ポーチにもなる便利ポシェット〉


■トレンドのサコッシュで、ちょっとそこまで♪
まずはポシェット。こちらは、ただいま男女問わず流行中のミニバッグ、サコッシュタイプで仕上げています。
まだまだ聞き慣れないサコッシュというポシェット、もともとは登山や自転車レースの時に水筒などを入れる用として使われていた簡易バッグのことです。軽くて体にフィットするため、荷物が少ない日のお出かけ用バッグとして人気上昇中なのです。
 

■意思の強そうなマイキーにキュン♥
表面に描かれているのは、「リサ・ラーソン」が描くキャラクターの中でも人気が高い「ねこのマイキー」。縞模様の体が特長のマイキー、やや釣り上がった目と強く結んだ口元に意思の強さが漂っています。ツンな様子がたまらない♥

 

■たった84g! バッグ本体がとっても軽い♪
本体生地に使われているのはポリエステル。ツルリとした表面で汚れがつきづらそう。そして何より、とっても軽いんです!
量ってみたところ、重さは約84g。肩から掛けても負担になりません。

 

■ジップ付きと外ポケット、2つの収納部



メイン収納スペースはH(約)22.5cm×W(約)28.5cm。B6サイズの手帳や文庫本は充分入る大きさです。さらに外側にはポケットを1カ所用意。深さがあるので、出先の地図を入れるのにもぴったり。
取り出し口にファスナーが付いているのはメイン収納スペースのみ。貴重品はコチラへ入れておきましょう。
 

■肩紐を取り外せばポーチに変身
ストラップはロープ式。結んで取り付けられているので、簡単に取り外しOK。本体のみなら大きめのポーチとしても使えます。 

とっても軽いので、キッズ用としてもぴったり&可愛いこと間違いなし♥ お出かけが楽しくなる秋にあると便利なミニポシェット、ゲットしてみてはいかがですか?
 

付録の残り1点、大型ボストンバッグについては発売前日のニュースサイト「宝島オンライン」でお伝えしますので、お見逃しなく!

※特別付録「スケッチねこ柄の大型ボストンバッグ」本体には総柄生地を使用しているため写真とは異なります
©LISA LARSON

 

『リンネル』次号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読