今すぐ→秋本番まで活躍!おしゃれ達人のスイッチ服を拝見

秋のワードローブ計画は立てていますか? ショップ店頭には、コートや厚手のニット、ブーツが並び始めてすっかり秋冬モードに様変わり。
とはいっても、実際にはまだまだ残暑の厳しい日もあったりと、完全に秋に切り替わるのはもうちょっと先……。まずは、夏の終わりから着られる秋服を手に入れるのが◎です。

『リンネル』10月号の巻頭では「少しずつ秋じたく」と題し、今すぐ着られて秋本番まで活躍する服を大特集。PART1のコーナーでは、おしゃれ達人による今すぐ→秋本番の装いを紹介しています。
今回はその中の一人、フードクリエイターの岡本雅恵さんのコーディネートに注目しました。

プライベートでは二児の母という顔も持つ岡本さん、洋服に求めるのはやっぱり「長く着ていても気疲れしないもの」だそう。活発な子供の相手をするママにとっては、動きやすさや着やすさは洋服を選ぶ上での重要項目。そんな条件をクリアした、岡本さんの秋の先取りアイテムとは?

Jensのパンタロンパンツ

型くずれしにくいストレッチ素材で、美しいIラインが出るパンタロン。
長時間座ってもヨレにくいのが魅力。

パンツ¥30,000/イエンス

「Jensのパンツは本当にはきやすくて、忙しいママのお助けアイテム。シワになりにくく、腹部も締めつけないので長く活躍してくれそう」とのこと。シワやヨレを気にせず、美しいラインを保てるなんてママにとっては理想的。このパンタロンパンツを使った、今すぐコーデも見てみましょう!

ヴィンテージ感ある色と小物使いで
オリエンタルな装いに

「渋みのある配色のTシャツに、ヴィンテージスカーフを頭に巻いて、プリミティブなピアスで味つけ。
縦長シルエットや柔らかな素材感で、女性らしさを出しました。
まだまだ暑くて汗をかくので、自宅で洗えるものが基本」。
Tシャツはジョンリンクス、ピアスはハイコラソンのもの。

夏の終わりにマッチする、渋めで落ち着きのある色使いがいい感じ。秋になったら、バルーンスリーブのトップスと合わせた軽快な着こなしを計画しているそうです。

誌面には、女優のマイコさんや夏帆さんも秋のエッセンスを少し取り入れたスタイリングで登場。詳しくは『リンネル』10月号の32ページでどうぞ!

 

【PROFILE】
岡本雅恵さん/フードクリエイター

フードユニット「TORi」主宰。世界のお母さんの味と古くから伝わる保存食をテーマに、物語のある料理を届ける。親子で参加できるワークショップやイベント出店を行い、メーカーや企業にレシピ提供も行う。

photograph: Jun Fujiwara, Kiyoaki Sasahara, Mari Yoshioka
text: Tokiko Nitta, Takarajima-online

↑『リンネル』10月号は特別付録「デイリー ラシット 厚手キャンバス大型トート」がセットです

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

『リンネル』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読