丁寧な木の器を使う、やさしい時間。

手に持ったときに、ほんのりあたたかい。それが、木で作られた食器やカトラリーの魅力です。丁寧な木の器を作っている、「たま木工」のアイテムを紹介します。ひとつ仕上げるのに丸1日かかることもある貴重なもの。『アルプスの少女ハイジ』の世界に出てきたような、
ぬくもりあるアイテムばかりです。

■表情豊かなスープカップで食卓にぬくもりを

【予約】たま木工/スープカップ

サイトで購入

沖縄本島の北部、山原(やんばる) の大自然の中にある工房、たま木工。沖縄に自生する木を使った暮らしの道具を作る木工職人の玉元利幸さんが、ひとつひとつ木と向き合いながら手作業で作品を生み出しています。
イタジイという木から削り出された、ぽってりと丸みのある形がかわいいスープカップ。表面の凹凸や、ひとつひとつ異なる色や木目、風合いが魅力です。深さがあるので、ごろごろ具材が入ったシチューにぴったり。朝はシリアルにフルーツを。たっぷり飲みたいカフェオレにも。木のスープカップがあるだけで、食卓にぬくもりが生まれるから不思議です。

 

■毎日触れたくなるかわいらしいスプーン


【予約】たま木工/小さめスプーン

サイトで購入

よく見る木製品はツルリとした触り心地ですが、「たま木工」の作品は丁寧な削り出しで表面に凹凸があります。陶器やステンレスのスプーンとは違う、やさしくあたたかみのある感触です。
小さめのスプーンは、ティースプーンやデザートスプーンなど活躍するシーンの多いカトラリー。軽いので、お弁当などに添えて持ち運んでもいいかも。素材にはイスノキが使われています。シンプルなオイル仕上げなので、握ると木の自然な風合いが感じられます。 

 

■やさしい木のお弁当箱に、何を詰める?


【予約】たま木工/お弁当箱

サイトで購入

木製のお弁当箱って、本当に素敵ですよね。見た目のぬくもりはもちろん、通気性があり湿度を適度に保ってくれるので、作ってから時間が経ったごはんもとてもおいしくいただけます。
表面に削りの表情がリズムよく刻まれ力強く表情豊かで、触れるとあたたかさが伝わってきます。ナチュラルな風合いで、使いこむ程に味わいが増す楽しみも。大切に長く使いたいアイテムです。 

 

木の自然な風合いをそのままに、亜麻仁油、くるみ油など植物性オイルを塗って仕上げられている「たま木工」のアイテム。新しいうちは、油膜が乾いてなくなっていきます。艶がなくなったら、自宅の油を木になじませてお手入れをしてください。長く使うためのひと手間も、心をあたたかくしてくれます。

text=リンネル公式通販「クラリネ」

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読