たるみの悩みは、メイクで解消!

ふと鏡や電車の窓、ショーウインドーに映る自分を見て「目の下に影?」「口がへの字に…?!」なんてことはありませんか? そんな顔のたるみはメイクが解消! 大人のおしゃれ手帖2月号では、その秘訣を千吉良恵子さんに伝授していただきました。(photogragh:Emiko Tennichi hair&make-up:Keiko Chigira[cheek one] styling:Nami Kagiyama model:Maki Meguro text:Megumi Imai)

osharetecho.jpg

40代半ばを過ぎた頃だろうか、いつものメイクでは顔がしゃきっとしない……。そんな違和感を感じたことはありませんか?これ、すべてたるみのせい!?

「残念ながら年齢を重ねると、顔の筋肉が衰え、肌内部のコラーゲンなども減少し、重力に負けて皮膚がたるんでしまいます。目元が下がるのは、私個人としては包容力があってやさしげな顔に見えるので好きですが、口元が下がったり、ほうれい線が深くなるのはやはりマイナスイメージで気になりますね」と、ヘア&メイクアップアーティストの千吉良恵子さん。

たるみの解消には、まずスキンケア。それと同時にメイク法を変えてみては?とのご提案。
「ベースメイクで肌にハリ感を持たせ、目や頬に使える仕込みのテクニックによって、光で“たるみの影”を消すことが大切です」
ファンデーションを厚く塗って隠す、アイラインを上向きに描くなどは、むしろ逆効果だと言う千吉良さん。
「メイクをしっかり描いて解消するのでなく、『今日、肌がキレイね。なんかイキイキして見える』と言われることが、たるみ解消メイクの目的なんです」

・目元まわりのたるみ
まぶたのたるみは、アイラインやマスカラの入れ方で解消。疲れた顔に見える目の下のたるみには、光を仕込んでカムフラージュを。

・顔まわり、口元のたるみ
フェイスラインのたるみは、チークの位置と入れ方にひと工夫。老け顔の原因となる口元のたるみは、リップラインや光の仕込みで解消!

さらに詳しい情報は、本誌80ページからの「たるみの悩みはメイクで解決!」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖2月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読