着るだけでこなれる! 女前ブルゾン&絶妙丈トレンチ

今春、InRedが使えると太鼓判を押すトレンチ&ブルゾン。どちらも万能アウターだからこそ、即こなれることができる旬ディテール&着こなしを2月号にて伝授! (撮影:柿沼 琉〈TRON〉(人物)、草間大輔〈impress+〉(静物) スタイリング:岩﨑麻早 ヘア&メイク:太田年哉〈maroon brand〉 モデル:相沢紗世 テキスト:津島千佳)

inred1502outerR.jpg

 

・膝下絶妙丈トレンチコート
デザインに大きな変化がないと考えがちなトレンチこそ、細部にこだわって鮮度を上げて。今季流行のボトムスは、ミモレ丈スカートやガウチョパンツといった半端丈。それには膝が隠れる丈のトレンチを合わせるのが好バランス。

右:トレンチからのぞくスーツ生地のガウチョパンツの見え方が絶妙。トレンチはストレスフリーな柔らか素材、ライナー付きで3シーズン活躍。

 inred1502outerL.jpg

・女前ブルゾン
MA-1風やスタジャンなど、ボーイズライクなブルゾンがトレンドイン。大人らしく着こなすなら、素材感やディテールに女性らしさを感じさせるものを選んで。これでコーディネイトしやすく、脱ストリートな洗練スタイリングに近づくはず。

右:清潔感のある白のブルゾンは、ゴールドのファスナーが品のよさをプラス。さらに
中綿入りで肌寒い初春にも使えるのがうれしい。クロップト丈のワイドパンツを合わせ、旬のコーディネイトを。シルバーのシューズが旬をさらに加速。

左:ビューティフルピープルのMA-1風ブルゾンはコンパクトなサイジングに加え、今季はさらにショート丈にアレンジ。ミモレ丈スカートで女っぽさを注入。

さらに詳しい情報は、本誌60ページから「女前ブルゾンと絶妙丈トレンチでこなれる!」にてご確認ください。

InRed2月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読