持ち手が長く、肩掛けしやすい。ジル バイ ジルスチュアートのトート

ヌーディカラーのニットに身を包んだ、石原さとみさんの表紙が目印!
sweet2月号、いつもより少し早い1月10日(土)発売となります。
特別付録は、ジル バイ ジルスチュアートのフリースビッグトート。
今回の付録紹介では、その詳細をお届けします。

sweet1502size.jpg

ビッグトートの名の通り、約縦32×横42×マチ13cmと大きいつくり。
sweetもすっぽり入るサイズ感です。マチもたっぷりあるので、ニットやストールといったかさばりがちな冬アイテムも、ラクラク収納できますよ。
また、フリース素材という特性上、軽量なのもポイント。
折り畳みもしやすいので、旅行先に持っていけば何かと重宝しそうです。

 sweet1502sl.jpg

「冬はモコモコしたアウターを着る機会が多いから、トートバッグは腕を通しにくい」
という今の季節にありがちな懸念点も、このトートなら大丈夫!
持ち手を長く作っているので、コートを着ていてもしっかり肩にかけられます。
荷物の出し入れもしやすいところも、デイリーユースにぴったりですね。

sweet1502pocket.jpg

フロントには、携帯電話やパスケースを入れるのに最適なポケットを付けました。
大きいバッグだと小物類が迷子になってしまいがちですが、
出し入れの多い物をここに収納しておけば、サッと取り出せて便利ですよ。

1冊に1つ必ずついてくる、フリースビッグトート。
sweet2月号だけの特別付録です。発売日をどうぞお楽しみに!

sweet2月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読