おしゃれ賢者はパックTシャツも指名買い!Hanesほか3ブランド比較

夏本番前のこの季節、ついつい買っちゃう服といえばTシャツ。
特に複数枚入ったパックTシャツは、お手頃価格でトレンドにも左右されない、永遠の定番アイテム。ファッション業界でも、愛用する人が多いウェアです。 

それならば、ファッション感度が高いおしゃれ業界人に、愛用しているパックTシャツのブランドと、その魅力を聞いてみたい!
と、いうわけで『SPRiNG』8月号巻頭特集「Tシャツでおしゃれ! 50の答え」では「おしゃれな人にはMY定番のパックTシャツがある」と題したコーナーをお届け。モデルのるうこさん、ファッションディレクターの野尻美穂さん、Bloc フロアディレクターの百冨友香理さんに、デイリーユースしているパックTシャツについて調査しました♪

BRAND: Hanes [ヘインズ]
ITEM: 赤パック クルーネック
PRICE: 2,000yen
SIZE: レディスのS

RECOMMENDER:
るうこさん/モデル

COMMENT:
「パックTといえば『ヘインズ』がマイ定番。マットな質感や少しつまったクルーネックなど、流行に左右されないので自然と出番が多いです。

しっかりした生地で何度洗ってもへたりにくいのもポイントですね」 

**********

BRAND: FRUIT OF THE LOOM [フルーツオブザルーム]
ITEM: ホワイトT×ボーダーT 2ピースパック
PRICE: 3,000yen
SIZE: メンズのS

RECOMMENDER:
野尻美穂さん

ファッションディレクター

COMMENT:
「コットン100%のしっかりした生地が好きな私にとって『フルーツ オブ ザ ルーム』は理想的。
バリエーションも豊富なので黒やネイビー、グレー、ピンク、オレンジのほかボーダーも所有。
海外のスーパーでまとめ買いしています」

 

**********

BRAND: anvil[アンビル]
ITEM: ショートスリープ ポケットTシャツ 2パック
PRICE: 1,620yen
SIZE: メンズのS
 

RECOMMENDER:
百冨友香理さん

Bloc フロアディレクター

COMMENT:
「小さいころから父や兄の『アンビル』を着ていたせいか、今もメンズモデルをゆるっと着るのが好き。
ヘビーオンスもあるけれど、生地が薄めのほうがレイヤードしやすくてコーデ幅が広がります。
大きめ袖だからロールアップも簡単」

以上、3名のインフルエンサーの意見を参考に、マイ定番パックTシャツを見つけてみてはいかがですか?

詳しくは『SPRiNG』8月号37ページからをチェック☆ 

 

photographs_SACHI KATAOKA, NAHOKO SUZUKI
text_TICA TSUSHIMA

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

『SPRiNG』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読