旬の牡蠣料理。オススメ店を、料理家・栗原友が紹介!

OM1502kaki.jpg

 otona MUSE好評連載「栗原友の『なるほど!』と言わせる旬の一皿」。2月号で紹介する旬食材は、牡蠣。「一粒で濃厚な味わい、満足感も強い」と栗原さんが太鼓判を押す食材です。「貝柱、身と食べる部位によって味が違うのも楽しく、生牡蠣、フライ、パスタ、オムレツなど、なんでも好きですね。また『今日はどんなソースで食べよう?』と、組み合わせを探すのも好きです」。

 そんな栗原さんがオススメする1軒が、築地場外市場にある「築地牡蠣センター カキ小屋 築地食堂」。
「看板メニューは、缶で豪快に蒸し上げる酒蒸しスタイルの『牡蠣ガンガン焼』。蒸した牡蠣は、自分で剥くというのがバーベキュー感覚というか、体感型で人気と聞きました。ミューズにぴったりなのが、生牡蠣をオリジナルソース(シソみぞれ、バジル、サルサ、カクテル)でいただく1品。もちろん何もつけずにそのまま食べても身の大きさ、味わいに納得だと思います」

(photo:EMIKO FUKUDA food styling:YUKARI KOMAKI text&edit:AKI MAEDA[comete])

 築地牡蠣センター カキ小屋 築地食堂
 住所:東京都中央区築地4-10-14
 電話:03-6228-4880
 営業時間:9:00~16:00(L.O. 15:40) ディナー17:00~22:00(L.O. 21:00)
 定休日:無休(2015年1月1日、2日のみ休み)
 約40席

 さらに詳しい情報については、本誌130ページからの「栗原友の『なるほど!』と言わせる旬の一皿」にてご確認ください。

otona MUSE2月号の情報はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読