2015年は、“毎日使うモノ”にこだわる

 otona-MUSE1502T3.jpg

 2015年を迎えるにあたり、新しく買い替えたいのは器やタオルなどの“毎日使うモノ”。ほんの少しこだわるだけで、何気ない日々がぐんとHAPPYになります。otona MUSE2月号では、ライフスタイルに定評があるミューズが愛してやまない逸品を紹介しています。買い替えの参考にしてみて。(photo:MAYA KAJITA[e7]  text:ERI HAMADA)

OM1502T3L.jpg

ジョナサン アドラー/ユートピア マグカップ ドッグ
「最近、ネコモチーフのモノとセットで買ったマグ。私が食器を買うときは、一目惚れが多いです。愛くるしい表情のマグにたっぷりの温かい飲み物を入れて。訪ねてきてくれた人をもてなすのにも活躍中。食卓に並べる器は旅先で見つけるのも素敵だと思う」(スタイリスト・風間ゆみえさん)

鈴木麻起子/マグカップ、プレート
「温かい雰囲気のターコイズブルー色、美しいフォルムがお気に入り。どんなテーブルコーディネートにもスーッとなじんでくれ、他の食器たちと並べて色合わせを楽しむことができるのも魅力です。さらに軽くて丈夫な点もデイリー使いには嬉しいポイントです」(Velnicaデザイナー・小林加奈さん)

伊藤聡信/色絵猪口
「丹精込めて丁寧に作られている作家モノ、特に白を基調にした陶器が大好きです。そんなアイテムを求めてよく行くのが夏椿。店主の恵藤さんが選び抜いた日本全国の作家さんの素敵な作品に出会えます。繊細な絵付けが美しい伊藤聡信さんの作品も豊富ですよ」(メイクアップアーティスト・早坂香須子さん)

アスティエ・ド・ヴィラット/マーガレット中鉢、平皿
「器はアンティークや益子焼、やちむんなど、“温かみ”を感じられるモノが好みです。なかでも、パリ生まれのアスティエ・ド・ヴィラットはイチオシ。ハンドメイドならではの温かさと独自の味がたまりません。和洋どんな料理を盛ってもサマになるのも魅力」(Salon de Balconyディレクター/デザイナー・野口アヤさん)

 さらに詳しい情報については、本誌90ページからの「毎日使うモノを、新しく。」にてご確認ください。

otona MUSE2月号の情報はこちら! 

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読