“濡れ艶ヘア”がイマドキ!小田切ヒロが3つのコツを指南

近ごろ、よく耳にするワードが濡れ艶ヘア
髪に艶感があると上品でおしゃれな雰囲気に。ダウンスタイルでも無造作にまとめたときにも、リッチなムードを底上げしてくれるんです。 

『& ROSY』8月号では、そんな濡れ艶ヘアに注目したBOOK in BOOK「大人の旬ヘアは濡れ艶スタイル」をお届け。
濡れ艶ヘアとは、一体なんなのか? 気になる仕上げ方なども合わせて解説しています。 

特集内ではミディアム、ロング、ボブと髪の長さに合わせた仕上げ方を指南。今回はミディアム編から上手に仕上げるコツ3つをチェックしましょう!
教えてくれるのはヘア&メイクアップアーティスト・小田切ヒロさんです♪

ミディアム編

肩につくくらいの程よい長さで、スタイル的にも遊べる、楽しめる。
だけど、頑張り過ぎないように、大人はちゃんと抜くことを知って。
髪に艶というアクセサリーを纏ったら、毛束感を意識するだけでいまなら洒落る。
アレンジはつまむ&散らすを意識して。

基礎編
濡れ艶ダウンヘアの作り方

01
縦に4つにざっくりブロッキング

パーツごとにしっかりと濡れ艶にスタイリング。
全頭を、ざっくりと縦4つにブロッキングします。

02
多めのフォームを中間からもみ込み

フォームは、少ないよりもやや多めがベスト。
中間から毛先にかけて、毛束を握り込むようにして広げます。

完成したのが、こちらのスタイル!

成功させるコツはコチラの3点です♪

RULE
01
中間から毛先のハーフウェット
「艶感は、根元から毛先までびっちり仕込む必要はなし。
中間から毛先だけのハーフウェットで、毛束感を作りながら整えれば充分」

RULE
02
フォームでふんわり艶っぽく
「どんなに毛束感が作れるスタイリング剤でも、重さで根元が潰れたら台無し。
ミディアムには、軽やかなフォームが理想的」

これを使用

立体感を与えながら艶やかに。
ボリューマイジングフォーム
177mL ¥3,600
(ジョンマスターオーガニック)

RULE
03
溶け込みチークでぽっ♡とヘルシー感

「チークはいま、カラーレスが主流。
色を主張するのではなくて、肌に溶け込むような気配程度に留めて。
髪の艶感もそっと引き立てます」

一歩間違えれば髪を洗っていない人みたいに見える恐れもある、濡れ艶ヘアのスタイリング。小田切さんが教えてくれるルールを踏まえて、上手に色っぽさをまといましょう♪

他にロング編、ボブ編も紹介した特集は『& ROSY』8月号84ページから掲載です♪ 

 

photo:HIDEKI TAKAHASHI[model], MINAKO KUNII[still] 
hair&make-up:HIRO ODAGIRI[LA DONNA]
stying:YUKO TOSHIMA 
model:REIKA HASHIMOTO
text:AKIKO NISHIMURA

 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

『& ROSY』最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読