人気のヘインズTシャツはレディースとメンズ、どっちが“買い”なの!?

夏になると着たくなるのがTシャツ! でも、コーディネートによっては手抜きっぽく見えちゃうし、体のラインが出すぎると気になるし……。
そんな30代女性のTシャツ問題を『InRed』6月号では大特集!
大人がお洒落に見えるTシャツ選びから着こなし方まで解説しています。

特集内では、特に扱いが難しい白Tシャツについてもフィーチャー。
「大人が選ぶべき白Tはオーバーサイズ」と結論づけ、地厚でゆとりがあるTシャツはメンズTなら見つかる!と指南。
白Tの代名詞、「ヘインズ(Hanes)」Tシャツのレディースとメンズを試着して検証してみました。

地厚ゆとり
メンズTなら見つけやすい!

ヘインズで比べてみました!

Tシャツの代名詞「ヘインズ」でメンズとレディースを比べてみると、メンズのほうが断然今年らしいという結果に!
旬のドロップした肩やほどよいゆとり感を叶えてくれます。

レディースのMサイズ
ジャストサイズだと肌着っぽい!?

フィット感がきれいなのでアウターの中なら重宝。
1枚だとコンパクトすぎ?

Tシャツ¥2,500
※2枚パック(ヘインズ/ヘインズブランズ ジャパン)

メンズのMサイズ
程よいゆとりが洒落て見える

メンズならではのストレートなシルエットが、女性のボディにのることで生まれるゆとりがポイント。がしっとしているけれど、ゆるくドロップした肩や袖との対比が華奢に見せる。
厚さがあるので1枚で着ても透けないので安心です。

Tシャツ¥2,500※2枚パック(ヘインズ/ヘインズブランズ ジャパン) 
バングル¥45,000(ヴィンセント ジョー プラテロ/ザ コモン テンポ 原宿) 
スカート¥18,500(エレンディーク)※ボトム共通

実験の結果、1枚で着るならメンズ、羽織りものと組み合わせるならレディースが適していると判明! 
詳しくは『InRed』6月号38ページからの巻頭特集「30代はTシャツが好き。」でどうぞ♪ 

 

撮影=菊地 史〈impress+〉、草間大輔〈impress+〉
スタイリング=武田亜利紗
ヘア&メイク=塩沢延之〈mod’s hair〉
モデル=今宿麻美
文=安田晴美

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

『InRed』6月号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読