季節の変わり目に活躍! ユニクロほかデイリーブランドで高見え服を選ぶ6つのポイント

気温が揺らぎがちな季節の変わり目は、ちょうどいい服装がなかなか難しかったりしますよね。アイテムを買い足そうにも、不安定なのは今だけだから、あまり着られなくてもったいない気がしてしまう……。

そんな時におすすめなのが、デイリーブランド。『大人のおしゃれ手帖』6月号、石井佳苗さん「大人のチープシック」特別編「季節の変わり目はデイリーブランドで大人の着こなし」では、デイリーブランドを活用した大人スタイルを紹介しています。リーズナブルなアイテムを大人っぽく見せるコツがふんだんに紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

■大人スタイルのアイテム選びで気をつけたい6つのキーワード

大人になった今だからこそ、ブランドや値段にとらわれず、コスパのいいものを選ぶことができる」と語る石井佳苗さん。
大人がデイリーブランドのアイテムを選ぶときに気をつけたいのは、「安っぽく見えないこと」、「若づくりにならないこと」、「リフレッシュスイッチを取り入れること」だそう。
ここでは、そのための6つのキーワードを、石井さんのコメントも混じえて紹介します。

1.ビーズ

ビジューが光と輝きをプラス

顔色がくすんで服が地味に見える…と悩む人も多いのでは?
若い頃のピカピカの肌の替わりに、大人はジュエリーや、ビーズやスパンコールなどがついた服で、きらめきを添えて。


2.こなれ感

さりげなくラフに見せる

一見普通なのにどこかおしゃれに見えるのは、こなれ感ゆえ。
「ドロップショルダーなど、今っぽいシルエットの服はこなれて見えます」。
衿を立たせる、袖をまくるという小ワザも忘れずに。

3.レース

大人こそ、ちょっとの勇気を持って

ハードルが高いものこそ、デイリーブランドを利用。
挑戦してみると似合う色や形、コーディネートがわかってきます。
定番だけのマンネリワードローブも、活用の幅が広がるはず。

4.縦ライン

 

着やせ効果を狙うならコレ!

誰もが体型が気になるお年頃だから、着こなし方を意識しましょう。落ち感のきれいな素材や、ロングジレなどで縦のラインを強調すると、すっきりスリムに見える着やせ効果が。

 

5.素材


高見え素材を選ぶことが大切

最近はデイリーブランドといえど、シルク混紡や光沢のあるリネン、手触りのいいコットンなど、素材選びにこだわったアイテムもたくさん。上質な風合いは大人服の必須条件。

6.

似合う色が必ず見つかる

ブラックやネイビー、グレーなど、つい無難な色を選んでしまいがちだけど、華やかな色にもチャレンジ。気分もコーデもリフレッシュできます。特に白には顔を明るく見せる効果が。

特集では他にも、大人っぽく仕上げるコーディネートの鉄則や、使い勝手のいいブランド、大人の最旬コーディネートなど、デイリーブランドの使いこなし術を余すところなく紹介しています。年齢的にデイリーブランドは厳しいかな……と避けて通りがちだった人もそうでない人も、知っておいて損はない知識がたくさん詰まっているので、ぜひチェックしてくださいね。

さらに詳しい内容は、「大人のおしゃれ手帖」6月号30ページをご覧ください!

photograph: Yumiko Miyahama 
styling: Kanae Ishii
text: Shiori Fujii

※誌面画像の無断転用はご遠慮ください。

『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせ

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読