カゼの予防対策は、おしゃれな「加湿器」で

 何かと忙しくなる年末年始。飲み会やイベントなどで予定を入れまくるのもいいけど、合わせて考えたいのは体調管理。MonoMax1月号では、風邪で寝込んでしまい、せっかくのスケジュールが台無しにならないよう、風邪予防グッズを紹介しています。(取材・文/金山 靖 撮影/中村圭介)

monomax1501kaze.jpg

 風邪を予防するには、大きく分けて「環境」と「体調」の管理が大切だ。環境の管理は何と言っても加湿。風邪のウイルスは乾燥と低温を好み、高温多湿の状態では生存率は低くなる。湿度が低いと鼻やのどの粘膜も乾燥し、ウイルスを除去する力が弱まるという側面もあるので、まずは部屋を加湿しよう。体調管理で大事なのは、「栄養」「睡眠」そして「保温」。どれも免疫力をキープするために必要な要素だ。忙しくて食事に気を遣えない場合はサプリで栄養を補おう。睡眠は、とにかくぐっすり眠ること。寒いと免疫力が落ちるので保温もしっかり行いたい。もちろん、帰宅時のうがい手洗いも風邪のウイルスを体内に入れないための大事な習慣だ。今回は、睡眠中にも活用させたい「加湿器」をいくつか紹介しよう。

ダイソン/ダイソン ハイジェニックミスト 加湿器
殺菌効果のあるUV-Cライトで放出前の水を2回照射し、水中の有害なバクテリアを99.9%除菌してから放出する。バクテリアの温床になりやすいスポンジやフィルターは搭載せず、クリーンな空気を送り出す。サーキュレーターにもなり、通年使用できる。57.9×24×22.2cm。

エレス/モイステア
コンパクトながら2.8Lの大容量タンクを備え、連続約9時間運転が可能。水の腐食を抑える抗菌ボールを2個搭載し、クリーンなミストを放出する。超音波式で熱を持たず火傷の危険性がないのでファミリーでも使える。電気代は1日約4円と省エネなのも嬉しい。37×18×18cm。

 さらに詳しい情報は、本誌96ページからの「風邪予防グッズ最前線2014」にてご確認ください。

MonoMax1月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読