伝統ある正月行事が見られる! 全国初詣スポット

正月には初詣が欠かせないが、全国の寺社のなかには、正月特有の神事や祭りを行っているところが少なくない。長く伝承されてきた正月行事を見ることができる初詣スポットを紹介しよう。(文:石井千代子)

db28fc84b39579e6f19a09c8d30f1525.jpg

■ 石川県羽咋市(はくいし) 氣多大社(けたたいしゃ)
その名の通り、多くの「氣」が集まる神社。試練を乗り越えて恋を成就させたという大国主神(オオクニヌシノカミ)が祀られ、縁結びの神社として知られる。前田利家をはじめ、歴代藩主が保護した本殿背後の原生林「入(い)らずの森」は聖域として出入りを禁じているが、年に一度宮司が森に入り、森から神聖な氣をいただいて氣を一新、心の平安と厄除けを願う「入らずの森奥宮例祭 氣の葉祭」が行われる。
※「入らずの森奥宮例祭 氣の葉祭」は12月29・30・31日に行われ、この時期のみ「入らずの森」入口の御垣内に入ることができる。

■山形県鶴岡市(つるおかし) 出羽三山神社(でわさんざんじんじゃ)
出羽三山とは羽黒山(はぐろさん)、月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称で、約1400年前に開山。月山・湯殿山は冬季には閉山し、行事や祭礼は羽黒山頂の三神合祭殿(さんじんごうさいでん)で行われる。大晦日から元旦にかけて行われる「松例祭(しょうれいさい)」は修験の伝統的祭事で、五穀豊穣・天下泰平を祈願する。
※「松例祭」は12月31日午後3時ごろより始まり、さまざまな神事が行われる。大松明を焼きはらい、午前0時ごろに新しい火に打ち替わる。
住所:山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
交通:鶴岡市からバスで約50分、山形自動車道鶴岡ICから車で約50分

■ 新潟県弥彦村(やひこむら) 彌彦神社(やひこじんじゃ)
御祭神の天香山命(アメノカゴヤマノミコト)は越後開拓・産業文化の始祖神といわれ、創建は約1300年以前。皇室や朝延、幕府、武将の手厚い庇護を受け、古くから「おやひこさま」の名で親しまれている。元旦前後に参拝する二年参りはこの地方の風習だ。元日から3日間は「夜宴神事(やえんしんじ)」、7日には災難消除・五穀豊穣を祈念する「弓始め神事(ゆみはじめしんじ)」が行われる。
※「夜宴神事」は1月1日~3日午後6時。御神前に木彫りの鶴亀、小鳥を配した島台を供え、神楽を奏して新春を祝う。「弓始め神事」は7日午前9時~。鳴弦によるお清めの儀式のあと、神職10人によって100本の矢が打ち込まれる。
住所:新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦2887-2
交通:弥彦線弥彦駅から徒歩約15分、信越本線東三条駅から車で約40分、北陸自動車道三条燕ICから車で約30分

さらに詳しい情報は、本誌72ページからの「全国初詣スポット」にてご確認ください。

田舎暮らしの本1月号はこちら!

※今回掲載している神社の祭りや行事は代表的なものを紹介しています。正月行事としては掲載したもの以外にも催される場合があります。

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読