大人の女性向けピンクスカート攻略法!着まわし5スタイル

この春のトレンドカラーといえばピンク!ですが女性らしい色なだけに、ピンクの服を着たいけど、かわいらしくなりすぎるのでは、と心配している人もいるのでは?特にピンク色のスカートなんて、甘すぎるコーディネートに転ばないかと不安。
でもフェミニンなピンク色のスカートを、大人女子らしく、ほどよく女っぽく着こなすコツがあるんです!

そこで「GLOW」4月号の巻頭特集「おしゃれ40代は週5スカート!」から、ピンクスカートの着まわしコーデをご紹介します。

今回、着まわしたピンクスカートはコチラ。

P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

淡いピンクで甘すぎない。リネン混でさらりと心地よい。サイドポケット付き。
2万4000円(サクラ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)

さっそく5種類のコーディネートを見ていきましょう。

day1
ヌーディカラーのグラデで

美人度アップの通勤スタイル
P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

淡いベージュ系グラデーションの中にピンクスカートをなじませた、上品な着こなし。
着丈の長いノーカラーコートには、トップスインでメリハリを。

コート2万2000円(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店) 
ニット1万円(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿) 
バッグ4万4000円(ポティオール/ショールーム セッション) 
ブレス1万7000円(ジェニーバード/デ・プレ 丸の内店) 
靴1万8000円(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)

day2
男友だちと飲みに行くなら

ライダース合わせでピリ辛に
P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

ボディラインにソフトになじむ山羊革のライダースなら、ハードになりすぎず、スカートスタイルを格好よくシフトする。
インナーはシルク混のシンプルニットで上質感をキープ。
足もとはスカートに合わせたなじみのよいピンクパンプスで統一感を。

ライダース12万円(チンクワンタ/ビームスハウス 丸の内) 
ニット1万6000円(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿) 
バッグ4万6000円(オルセット/フラッパーズ) 
靴2万円(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)

day3
優しげニットで気分上々、
会社の後輩とランチ

P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

ジャスト丈のローゲージニットと7分丈スカートのバランスは、癒し系のムード。
首もとに巻いたカシミヤ混ストールでふんわり感を加速。足もとはメタリックで都会的に。

ニット1万3000円(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店) 
ストール1万3000円(マリアーニ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 
バッグ2万3000円(インターステイプル/ロウェル シングス ルミネ新宿店) 
ピアス1800円(トゥトゥ/トゥトゥ 21) 
靴9400円(タビタ/エヌディーシージャパン)

 

day4
新人研修の準備に大忙し!
シャツ&スカーフで颯爽と
P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

ストライプのビッグシャツをスカートにイン。
袖をロールアップしてこなれ感を演出しつつ、ボタンを開けた首もとは、シルクスカーフで淑女テイストを取り入れて。
足もとはシャツに合わせたネイビーのパンプスがマッチ。

シャツ1万9000円(ティッカ フォー アダム エ ロペ/アダム エ ロペ) 
スカーフ1万1000円(マニプリ/フラッパーズ) 
メガネ3万2000円(プロポ/プロポデザイン) 
靴2万9000円※髙島屋限定(ピッピシック/日本橋髙島屋 シューメゾン)

day5
スニーカーカジュアルで

お花見を100%満喫♪
P036-037_巻頭Part2_おしゃれ40代.indd

ミリタリーテイストの風合いのあるコットンジャケットでスカートの甘さを中和。Tシャツとスニーカーを白でそろえれば、軽やかさとさわやかさが生まれる。ミニバッグで大人の可愛らしさも。

ジャケット2万8000円(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館) 
Tシャツ5000円(ザ ヴァージニア/ザ ヴァージニア アトレ恵比寿店) 
ブレス2万1000円(エレンディーク) 
バッグ1万2800円(ヤーキ/ショールーム セッション) 
スニーカー2万円(エーエムビー/ハイブリッジ ショーケース 六本木店)

ヌーディーカラーを合わせて品良くまとめたり、小物を工夫してカジュアルに仕上げたり……。これらを参考にスタイリングすれば、子どもっぽくも甘すぎることもなく、ほど良く女っぽなコーディネートでピンクスカートを楽しめそうです。

スカートにスポットを当てた巻頭特集では、ほかにもリボン付きスカートやデニムスカート、プリーツスカートなど、タイプ別に着まわしコーデをご紹介しています。詳しくは「GLOW」4月号30ページからをご覧ください♪

 

撮影=森滝 進〈まきうらオフィス〉(モデル)、青木和也(商品) 
スタイリング=飯田聡子 
ヘア&メイク=面下伸一〈facca〉 
モデル=森下紀子
文=土谷沙織

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「GLOW」最新号のお知らせ

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読