気になるコの里親になれる♥保護猫カフェに行ってみました!

世間では、すっかり猫ブーム。その魅力のとりこになり、猫を飼ってみたい!と熱望している人も多いのでは?

そんな人にオススメなのが、保護猫カフェです!

保護猫カフェとは?

普通の猫カフェと違い、カフェにいる猫はすべて里親募集中の保護猫。
実際に猫と触れ合いながら、気軽に里親になるためのお見合いができます。

お店で触れ合って性格がわかれば、より気の合うコと出合えそう!
「リンネル」4月号では、綴じ込み付録「HAPPY LIFE with CATS」の中で、保護猫カフェの体験レポートをお届けしています。

今回、訪問したのはスタイリストの野崎未菜美さん。ネコリパブリック 東京御茶ノ水店を初訪問した、その一部始終を見ていきましょう!

Let’s go!
入店後、靴を脱いで足裏を消毒
108

猫に会う前には、足裏をシュシュッとアルコール除菌。素足やストッキングの人は、靴下を持参するか、購入して着用して。

システムの説明を受けます
108+

料金のことやパスポートの使い方など、ネコリパブリックのシステムについてスタッフから説明を受けます(初回のみ)。

ネコリパブリックの入国手続きをします
108++

「猫の国」へ入国の際の注意を読んでサインをしたら、パスポートを受け取る(初回のみ)。
パスポートは全国の店舗で使えるスタンプカードに。

ていねいに手を洗います
108-

猫部屋に入る直前には、ハンドソープで手を洗い、さらにアルコール除菌を。
猫が持っていない菌を人からうつさないためには必須なのです。

猫たちにおやつをあげます
108--

店内では猫のおやつを¥200で販売中。
これがあるのとないのでは大違い。持っていると食いしん坊が集まり、たちまち人気者に。

自由にくつろぎます
109

1ドリンクをいただいたら、猫と戯れるのみ。
自ら膝乗りする子、遊んでほしい子、シャイな子……。いろんな猫がいてパラダイス!

いろんな猫をチェック

109+

ケージの中には、他の猫とうまくやれない子などがいたり。
意外と寂しがり屋だったりもするので、そっと声をかけてあげて。

猫と自由に触れ合える「ネコリパブリック」の基本データはコチラ!

ネコリパブリック 東京御茶ノ水店

全国7店舗あるネコリパブリックの東京1号店。その他、岐阜や大阪、広島など全国にも店舗あり。

料金/平日 30分¥1,100、60分¥1,500、
土・日・祝30分¥1,100、60分¥1,700
住所 文京区湯島3-1-9 CRANEビル4階
TEL 03-5826-8920 
営業時間 15:00 – 20:00 、土・日・祝11:00 – 18:00
木休(木が祝日の場合は営業)
http://www.neco-republic.jp/access.html

猫との暮らしを検討している人は、一度足を運んでみてはいかがですか?

105

ほかに大野拓朗さんとスター猫のコラボページや読者のご自慢猫写真など、さまざまな猫情報を集めた綴じ込み付録「HAPPY LIFE with CATS」は、「リンネル」4月号105ページからどうぞ!

 

photography: Yumi Furuya

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「リンネル」最新号のお知らせ

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読