【世界を旅するネコ 番外編なノダ!】ミモザ満開!オフシーズン南欧旅で春先取り!@スペイン&フランス

ヨーロッパ地図_犬ぞり編01

DSC06728

2月のヨーロッパはツーリストにとってはオフシーズン。夏のあのうかれっぷりは何だったの!?……と思ってしまうくらい、どこもひっそりと静まりかえり、町も村も、地元の人たちとの時間に戻ります。 

こんな時季は、なにかと旅のあれこれがお得になるのがヨーロッパのお約束。同じ予算で、★が1つ多いホテルに泊まれたり、レンタカーで事前に申し込んでいた車種より少し大きな車を融通してもらえたり、みやげ物屋のディスカウントが大胆だったり……。夏は予約必須だったレストランもアポなしで行けちゃうし、交通手段の手配も直前でなんとかなってしまいます。

DSC04547
↑「コンパクトクラス」で予約したのに、あてがわれたのはこんな車!

「観光地が冬季休業だった」「めあてのお店に行ってみたら改装中」……というガッカリ系のサプライズもあったりしますが、それはそれ。のんびりマイペース、思いつきでフラフラ……そんな旅をしたい向きには、実はおすすめの時季なのです。

この時季、僕のおすすめは、ずばり南欧!
南欧の2月は、日本で言うと4月頃のようなうららかさなのです。安定した晴天が続き、日中は初夏のような陽気になることも。真夏のスペインなどは、命の危険を感じるほどの灼熱状態になることを考えると、むしろ快適に旅が出来るベストシーズンと言えるかもしれません。
 

スペイン・アンダルシア地方
この色とりどりの郵便受けを最初に見かけたのは、とある雑誌のスペイン特集。「ここで写真を撮りたい! 」と、記事に名前のあったアンダルシア地方のフリヒリアナ村という村に行ってみることにしました。

DSC_0060

丘に沿って広がるこのあたりの村は坂道が多く、郵便配達が大変なため、集落ごとにこのような集合ポストを設置しているのだとか。同じようなものがいくつもあるなか、抜群にかわいかったのは、やはり雑誌に載っていたこの集落のものでした。

思い思いの色と形で競い合うように並んだポストはどこか誇らしげで、わが村への愛情が伝わってくるよう。実はこの写真、その後この村とノロをつなぐ不思議な縁になったのですが、この続きのエピソードは拙著『世界を旅するネコ』でぜひお読みください!

フランス・プロヴァンス地方
南仏プロヴァンス地方には「ミモザ街道」なる素敵な名前の道があり、さらにその起点には「ボルムレミモザ村(Bormes-les-Mimosas)」という村があるとのこと!こんなにわかりやすくもありがたい観光地、早春に通りかかったのなら訪れない理由はありません!

果たしてボルムレミモザ村は、その名の通りミモザ・ミモザ・ミモザ!!
……と自慢したいところだったのですが、タッチの差で、びみょーに盛りを過ぎていたようでした……。
とはいえ、まだまだたわわなミモザがあちこちに。思いつきでやってきたので、まあ、これでよしとしましょう。

DSC06508
↑フランスの早春の代名詞になっているミモザですが、もとはオーストラリアからやってきて広まったそう

ボルムレミモザ村にはもうひとつの見どころがあって、それは家々の美しい玄関先!

DSC06340
↑かわいいペールトーンの木の扉

DSC06274
↑つけまつ毛よろしく添えられた可憐な素焼きの庇(ひさし)

DSC06371
↑趣向を凝らしたアイアンのドアノッカーが掛けられて……

DSC06300
↑花やグリーンのおおらかなあしらいは温かな南欧ならでは!

丹精こめた玄関先をしげしげと眺めながら、「ここいい!」と宝探し気分で盛り上がり、「うちも真似しよう!」と妄想しつつの村内散歩は、おうち好きにはたまらないひとときでした。

こういう、ちまちまとした人の営みが感じられる村というのは、猫たちにとっても居心地がいいよう。ボルムレミモザ村もその例にもれず野良猫多めでして、散歩の間、ノロはシャーシャーと落ち着かなさそうにしていました。

DSC06515

ノロのひとこと
「この村はネコだらけなノダ。においでわかるノダ!」

*次回は3/12(日)更新予定です
illustration: Tomoyuki Okamoto

=====================
■著者プロフィール
平松謙三(ひらまつ けんぞう)

1969年、岡山県生まれ。
2002年から現在まで、黒猫の「ノロ」と37カ国を旅し、世界の美しい風景とノロを写真に収め、書籍やカレンダーなどを通して発表している。
ふだんは八ヶ岳南麓の山小屋に暮らし、フリーで、グラフィックデザイン、WEBディレクションなどを行う。
趣味は自転車と薪作り。

h1

世界を旅するネコ(小社刊)
クロネコノロの飛行機便、37ヵ国へ
著者:平松謙三 写真・文

アルプス、地中海、ピラミッド……
37ヵ国を巡ったノダ。

飛行機も客室で!? 旅する猫のフォトエッセイ。

童話やアニメの話ではなく、本当に世界中を旅するネコがいます!黒猫の「ノロ」は、2002年から2016年現在まで、飼い主の平松さんと一緒に世界37ヵ国以上を旅行しました。ヨーロッパを中心にアフリカから中近東まで、美しい風景とノロの写真に、思わずほっこりする旅エピソード(猫エピソード)がぎっしり。ペットと海外旅行をするためのハウツーも満載です。加えて、アートディレクター・寄藤文平氏による装丁も光ります。

↓書籍「世界を旅するネコ」はこちらからもどうぞ!
「The Official NOROSHOP」

※誌面画像、イラストの無断転載はご遠慮ください

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読